山田さん

山田さん

旦那の会社の社宅アパートに住んでいるのですが、2ヶ月くらい前に隣の部屋に新しく人が越して来ました。仮に山田さん。

山田さんは旦那さんが社員で、奥さん・子供の3人家族です。

引っ越しの挨拶には私が出たのですが、旦那さんが一人で喋ってて、奥さんは旦那さんの陰に隠れてずっと長い髪を垂らして俯いてて顔もよく見えませんでした。

子供(仮にたかし君)は旦那さんに抱っこされてて、うちにも2歳の娘と2ヶ月の息子がいるので「よろしくね、また遊んでね」と声をかけたのですが全く無反応無表情。まぁ人見知りが激しい子なのかな?と特に気にはしませんでした。

少し話は飛んで、同じアパートに上の娘と同級生の子が他に2人いて(仮にみきちゃんとひろき君)母親もみんな専業主婦で家にいるので、週2~3回は近くの公園や誰かしらの家に集まって遊んでいます。

それで、お隣が越してきて3日後、いつものように公園で遊んでたら見たことのない女の人に連れられて、たかし君がやってきました。

たかし君に「おはよう」と言ったけど、やっぱり無反応無表情。うちの子達と一緒に遊ぶこともなく、隅っこで石をカチカチして遊んでいました。

一緒だった女の人に「初めまして」と挨拶をしたら「初めましてじゃないですよー、この前越してきた山田です」と。声にこそ出しませんでしたが、びっくり。

挨拶に来た時の暗~い感じは全然なくて、ばっちりお化粧をして髪も服装もお洒落して、まるで別人でした。話も普通に出来ました。

話して分かったのは、山田さんも専業主婦で、車で10分の所に義実家があるから日中は義実家にいる事が多く、山田さん本人は県内の別の市の出身という事。

山田さん達が帰った後、みきちゃんママ・ひろき君ママと「あんなお洒落なママなら、引っ越しの時は忙しくて化粧も出来なくて、見られたくなかったのかもね~」なんて話してました。

それから2日後の午後、買い物に行く為に車に子供を乗せていると山田さんもたかし君を連れて駐車場にやってきました。

お洒落な山田さんではなく挨拶に来た時の山田さんでした。

「こんにちわ」と声をかけたけど無視されて、聞こえなかったのかともう一度挨拶したけどやっぱり無視。

こっちも無視されて気分が悪くなってきたので、まぁいいやと思い子供を乗せて出発。

その時ちらっと見ると、すでに山田さんは運転席、たかし君は助手席に座っていました。一瞬目が合った気がしました。

買い物や用事を済ませて1時間半後に帰宅。山田さんとたかし君が車の中にいて、じーっとこっちを見ていました。

私が着く少し前に着いたのかな?と思ったのですが、私が荷物を下ろしたり子供を降ろしたりする間も山田さんは全く動く気配がなく、もしかして1時間半ずっとそうやってそこにいたのかと思うと気味が悪かったです。

その夜旦那にそれを話して、山田さんの旦那さんはどんな人なのか聞いてみると、旦那は製造・山田さんの旦那さんは事務なのであまり関わりはないけど、明るい人だし別に変わった感じの人ではないよ、と。

次の日、みきちゃんママの家に集まったので、みきちゃんママひろき君ママにも話しをしました。
すると、ひろき君ママが「本当に?本当に?」としきりに聞いてくる。何だろうと思ったら「昨日の午前中、私も全く同じ事があったの」と言うのです。

事があるのは平日だけ、会社が休みの土日祝日は何もありません。私が駐車場に向かうと5回中3回は山田さんも出てきます。

ただ、どちらの山田さんかはバラバラで、明るい山田さんの時は向こうから挨拶もしてくるし、話しかけられれば世間話もします。

私が帰ってきても車の中で待っていると言う事はありません。

私が駐車場に出るとすでに車の中にいる事もありますが、その時は必ずみきちゃんママかひろき

君ママの車がないので、どちらかについて出てきてるんだと思います。

午前中、私が見た時は暗い山田さんで、午後、みきちゃんママが見た時は明るい山田さん、と言う事もあります。

怖くて、最初に山田さんと会って以来、公園では遊んでいません。

アパートには、山田さん・我が家・みきちゃんとひろき君の家以外に8世帯住んでいますが、日中はみんな働きに出ているのであまり話も聞けず、おそらく山田さんと交流もないので、他に同じようにされている人がいるのか

他の方は明るい山田さんを知っているのか、は分かりません。

旦那は警察に相談してみたら?と言いますが、何か実害があったわけではないので何だか気がひけます。

書いていて、自分でもこんな事が現実に起こっているなんて信じられない気がしてきました。

私が他の人からこの話を聞いても、おそらく信じられないでしょう。でも、本当なんです。

いつまで続くのか、これ以上深刻な事態に発展しやしないか、不安な毎日です。

スポンサーリンク

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク