部屋の中の男

部屋の中の男

部屋の中の男

私は大学時代に一人暮らしをしていました。

友達もできずに毎日一人きりの生活でした。

あるひバイトからかえると部屋の中に一人の男がいました。

人間とは思えない感じですが、幽霊とも思えませんでした。

ニコニコと笑って私を迎え入れてくれました。

私はそいつに向かって毎晩はなし続けました。

学校で一人なこと、友達ができないこと、寂しいということ

そいつはニコニコ笑って聞いてくれました。

毎晩いるので毎晩はなしました。

あるひその男が私の体に触れようとしました。

気がついたら朝でした。

電話の呼び出し音で起きたのですが、知らないやつの名前が表示されていました。

不思議に思いながらも電話を取ると彼は

「なにしてんだよ、早く来いよ」

と親しげに話してきます。

全く分からないまま学校に行くと、みんなが私に声を掛けてきます。

今までは私なんか無視していた人たちが…

あまりの状況に吐き気を覚えました。

それどころか、彼女という人まで現れました。

よくよく日付を聞くと1週間が過ぎていました。

みんなはいつもと違うと言います。

怖くなり家に帰りました。

そいつはニコニコ笑って座っていました。

どういうことなのか?

たずねても笑っているだけなのです。

最初は1週間だったのに今では1年過ぎています。

朝起きると妻がいます。娘もいます。

会社では重要なポストについています。

でも私のやってきたことではありません。

だれか助けてください。

スポンサーリンク

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク