神社の古びた和人形

神社の古びた和人形

神社の古びた和人形

小学生時代の体験。

通っていた小学校の裏には、小さな山があった。

山には地元では有名な神社があり、学校の帰りにいつも友達とかくれんぼなどをして遊んた。

その日も、日が暮れるまでかくれんぼをしていた。

遊び終わり友達と集まっていたときに、神社のお賽銭の箱の横に、古びた女の子の和人形が置いてあることに気づいた。

今考えると、供養目的に置いてあったように思う。

友達と一緒に、

「怖いなー」

などと言い合っていたのだが、俺は突如、友達の前で勇気を見せ付けようと思い、人形に石を投げた。

石は見事に命中する。

しかも、こともあろうか、人形の顔面のど真ん中に当たり、石は人形の顔面の中にスポッと入ってしまった。

人形は顔面には穴が開き、真っ黒になってしまい尋常ではない雰囲気になってしまった。

その場にいた皆(俺も含め)は

うわーーーっ!!

と逃げ帰った。

家に帰ると、そんなことはすっかり忘れて、テレビを見ながら夕飯を食べた。

そして、夜も遅くなってきたので、布団に入る。

俺の家は、母子家庭で母親と二人、隣同士で寝ていた。

どれくらい経ったのか、夜中に小さな声が聞こえ目が覚めた。

「ねぇ・・・ねぇ・・・ねぇ・・・」

隣の母親の声がする。

母親は向こう側を向いて寝ていた。

俺に声をかけているのかと思い、

「なに?」

と返事をするも

「ねぇ・・・ねぇ・・・ねぇ・・・」

とこっちを向かずに、向こう側に声をかけている。

だんだん怖くなってしまい、恐怖を紛らわすためもあり

「なに! お母さん!」

肩を叩いた。

母親は、「ん・・・」と、うなされるようにこちらを向くように寝返りをうった。

あれ?寝てたのかな?

寝言なのかな。

と思った瞬間、

ガンッ!!!

何かが、ぶつかるような音が母親の顔から聞こた。

ガコッ!

と、母親の顔が髪の毛とか輪郭はそのままで、顔の部分だけ丸くへっこみ、母親の顔が奥に落ちた。

まるで、昼間の人形のようだった。

母親の顔に穴が空くと、その穴から

「これどうするの?」

という声がした。

うああぁぁぁぁあっ!!!

叫んだ瞬間、気を失った。

朝になると、いつも通りの朝になっていた。

母親は、朝ごはんを作っている。

あれは夢だったのか、現実なのか。

もしかすると、人形が怒って出てきたのかなと思っている。

スポンサーリンク

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク