奇妙で不気味な話 痩せた女

奇妙で不気味な話 痩せた女

奇妙で不気味な話 痩せた女

「道を、教えてください。」

夕方の路地で、話しかけてきたのは背の高い女だった。

足が、異様なほどに細く、重心を支えるバランスがとれないのか、プルプルと震えていた。

足と同じく、手も木の枝のように細い。

手には、真っ赤なハンドバッグをブラ下げていた。

「ハアハア」と、ため息なのか呼吸なのか分からない息を何度も吐いている。

僕に道を尋ねているはずなのに、女の視線は全く違う方を向いている。

「あ・・・あの。。。どちらまで・・・・?」

この人は、ヤバイっぽい。

僕は、聞かれたことを早く答えて、その場から立ち去りたかった。

「春日谷町1-19-4-201」

・・・・・・・・

女が言ったその場所は、僕のアパートだった。

部屋番号まで、僕の住んでいる部屋だった。

「し・・・知りません・・・」

この女と関わり合いたくない、と本気で思い、そう答えた。

女は、こちらに対してゴキッと腰が折れ曲がるようにおじぎをすると、またフラフラと路地の奥へと消えていった・・・・

スポンサーリンク

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク