怖い話 深夜のお堂に無数の老人が

怖い話 深夜のお堂に無数の老人が

怖い話 深夜のお堂に無数の老人が

大学のころ、1ッ週間くらいの予定で、山篭り(やまごもり)に行った。

四日目に、あるお堂を見つけたから、そこに勝手に入って一晩を明かすことに。

目を閉じてはいるものの、なかなか寝付けない。

時刻は深夜。

今、自分の周りをぐるっと大勢の年寄りが正座で、取り囲んでいるようなイメージが頭の中にふとよぎる。

なんだこれ?

空想?

いや・・・・違う。

何か声が聞こえる。

ボソボソと呟くような声だ。

この何とも言えない嫌な感じを払拭すべく、勇気を振り絞り目を開けてみた。

すると、目の前には無表情な年寄りの顔が無数にあり、一斉にこちらを覗き込んでいたのだった。

・・・・気がついたときには朝だった。

周りには誰もいない。

自分一人だけだ。

昨夜のあれは、悪い夢を見たのだと自分に言い聞かせる。

とはいうものの、あまりの恐怖にその日すぐに下山してしまった。

スポンサーリンク

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク