有名な怖い話 地獄に落ちた少女

有名な怖い話 地獄に落ちた少女

有名な怖い話 地獄に落ちた少女

とある病院。

そこに、余命三ヶ月と診断されていた少女が入院していた。

少女の友達が二人、お見舞いに来たときに、彼女の母は写真を撮ることにした。

彼女がまだベットの上で、上体を起こせるうちに写真を撮ってあげたかったのだ。

病気の彼女を真ん中に、三人で仲良く写真を撮影。

彼女はその後、急激に容体が悪化し、一週間ほどで他界した。

3か月もたなかったのだ・・・・

葬儀も終え、普段の生活に戻る母。

娘を失い意気消沈していたが、病院で撮影した写真を現像から取りに行くことにした。

写真屋から、写真を受け取ったはいいけれど、病院での写真が見当たらない。

他の写真はあるのに、病院で撮影した娘の写真だけがないのだ。

母は気になって写真屋さんに質問する。

だが、写真屋はまともな返事をくれない。

「あのですね。。。現像に失敗しまして・・・・」

母は、娘の最後の写真であることを涙ながらに訴えた。

失敗していてもいいから写真が欲しいと。。。。

しぶしぶながらも、例の写真を手渡してくれる写真屋。

「できれば、見ない方がいいと思うんですけどね・・・・」

写真には、病室で三人の女の子が写っていた。

でも、真ん中にいる娘だけがミイラのようなに干からびている。

なにこれ?

母は、恐怖と驚きを隠せなかったが、なにかしらの供養をしないといけないのではと思った。

この恐ろしい写真を、知り合いの伝手で霊能者のところに持ち込んだ母親。

母は、霊能者に写真の意味を聞いた。

これは、何かの暗示なのか?

霊能者は、口を開かず難しい顔をしている。

なぜ教えてくれないのか、母は気になってしまう。

強引に問いただすと、霊能者は答えてくれた。

「残念ですが・・・・あなたの娘さん・・・・地獄に落ちました・・・・」

スポンサーリンク

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク