本当にあった怖い話 神から黄泉國への誘い

本当にあった怖い話 神から黄泉國への誘い

本当にあった怖い話 神から黄泉國(よみのくに)への誘い(いざない)

私は、「長生きできんね・・・」と占い師に言われたことある。

その理由を聞いてみた。

「あんた、大陸に行ったことあるでしょう?そこで、憑かれたんだろうね。悪霊ではない。これは、神に近いから、払うことはできないし、たとえどこに行っても障ることを恐れてなにも出来ないよ。」

確かに、思い当たることがあった。

仕事で、何年か中国に住んでいたのだ。

「まあ、日本にいれば、息子さんが成人するくらいまではもつとおもうよ。あんたの背後には、白狐が見える。これはとても強い。さらに、あんたの家系は、将門信仰してる者がいるから。お祖父さまお祖母様に感謝しなさい。それと、これはおばさんかな?修道院にいる人もいるんだね。彼女(おばさん)も、遠くからあんたを守ってくれている。だけど、もって後数年ってところだね。」

息子は、今15歳なんですが。。。。

後5年で、人生が終わり?

なんでそれを断言できる?

私の納得いかないような顔に、占い師はこう続けた。

「あんた、以前に手の筋を切ってしまって、なにか出来なくなってないか?」

思い当たるところがあった。

ジャズピアノをやっていて、それ関係の仕事もそれなりにあったが、あるときの交通事故の後遺症で、現在は左手があまり動かなかった。

今は、ピアノなんて到底無理な状態。

「それはね。もって行かれたんだよ。命は、あんたを守っている人達に救われたんだ。でもね。次は、すべてを奪う、と言っているよ。ごめんね。不快なことばかり言っていまって。。。。」

占い師はそう言うと、私から料金を受け取らなかった。

この話、にわかには信じられないのだが・・・・

でも、「当たる」と評判の占い師のようだった。

高額な見料で、時間話したけれど、「お金は残りの人生に使いなさい」と受け取らなかった。

帰宅した後、この話を夫と子供に話した。

信じてはいないけど・・・・

「もしも私が死んでしまったら、あななたちが心配で。。。」

と伝える。

夫と子供は、

「おかんは(俺たちのことを)心配しないでいいから。残りの人生を好きに使っていいよ。」

と言っていた。

今のところ病気など体の不調はない。

でも・・・人がいつ死ぬのかは解らない。

ちなみに、後日、とある有名な神社にお払いの相談をしたところ・・・例の占い師の言った通りのことを言われた。

「神様には、できる限り障りたく無いんです。こちらの命も危ないですから」

「どんな神様が憑いてるんですか?」

「・・・・・・・・・地獄の神様です。あなたの左手を持ってます。これは、日本の神ではありません・・・」

もう、逃れる方法は、ないのだという。

「私はあまり信じてないんです。見えまないことですから。」

と神主さんに言うと、

「強い気持ちが大事です。」

と返してくれた。

「なんで私なんですか?」

「おそらく人と同じで、好みなんです。昔から、神に愛されると長生きできないと言いますから。」

「そんなに若くないのですけど。」

「本来の残り寿命を考えれば、十分若いです・・・」

その後、近所の将門神社には毎日詣でている。

ただ最近、右肩が重いことが気になる。

あまり夢を見ないはずだったが、ここのところ夢を見るようになった。

見たことのない屋敷で、ピアノを弾いている夢。

動かない左手が、夢の中では動いて気分がいい。

ずっと、ここにいたいと思ってしまう。

「ずっと、ここへいてもいいんだよ。」

という声が聞こえ、背後から右肩に手が・・・・

そこで、目が覚める。

いつか、夢から目を覚まさなくなるときが来るのだろうか。。。。

スポンサーリンク

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク