幼少から続いてる恐ろしい体験

俺「何だか、加奈子さんの方が実際に居そうな名前ですね」

D男「そう、その通り、勿論理由はそれだけではないが、それは後に話そう・・・あ、座って聞いてくれ」

D男は俺にイスを促した。俺はイスに座り、話の続きを聞くことにする。
D男「君が言った通り、仮死魔霊子や森姫紀子と比べて、現実にあり得る名前だ。更に言うと、噂のタイトルが片仮名ではなく、漢字で伝わっていることが面白い」

俺「と、言うと?」

D男「噂とは常に変遷していくもの、加奈子さんっていうタイトルじゃ、いまいちインパクトがないだろう?つまりは誰かが改変する前の可能性がある。そして、私はこの噂のある点に注目している。」

俺「ある点とは?」

D男「対処法だよ」

俺「対処法?」

D男「そう、得てして怪異に出会ってしまうタイプの都市伝説は、何らかの対処法が確立されている場合が多い。カシマさんであれば質問に正しく答える。ヒキコさんなら、いじめっ子の真似をする等ね。他にも口裂け女や赤マント、赤いちゃんちゃんこ等も含まれる」

俺「はあ・・・」

D男「つまり、こういうことだ」

俺が理解していないのを察したのか、D男は紙とペンを使って説明してくれた。
噂の発生→狭いコミュニティで広がる→仮の完成→外部へ広がる→面白い部分が抽出される→噂の完成
D男「最初に狭いコミュニティで広がるのは、一笑に付すような話でも話やすい人が居ることによる、心理面からきている。 噂はやがて形作られ、仮の完成を持って外部へと広がって行く。そして外の世界へと旅立った噂は、想像力豊かな人達によって、改変されていく。最後に噂の完成だ。」

俺「うんうん」

D男「ここで注目すべきは、いつ対処法が作られるかだ、もし君が極度の恐怖症だったとしよう、噂を聞いてしまったらどうする?」

俺「うーん・・・どうすれば助かるのかを聞きますね」
D男「そう、その通り。怪異に出会ってしまうタイプの都市伝説は、恐怖を煽ることが目的だ。ましてや対処法が無いのなら、必死に助かる方法を聞く人も居るだろう。 そこで、必ず優位に立ちたがる人が出てくる。これも人の心理だな」

俺「心理?」

D男「他人より目立ちたい、という欲求を持っている人間は多い。対処法が何も無い所に、対処法を知っているという人がいれば、耳を傾けるだろう?」

俺「確かに」

D男「つまり、対処法が作られる要因は、人の優位に立ちたい、目立ちたい、チヤホヤされたい、と言った心理からきているんだ。 先ほどにも述べた通り、こういった恐怖系が苦手な人も多いし、目立ちたいという欲求を持っている人は非常に多い・・・つまり」

俺「対処方が確立されていない・・・と、言うことは加奈子さんの噂が出来たのは最近の可能性が高いと?」

D男「素晴らしいね!!オカ研に入らないかい?他校でも君なら大歓迎だよ!」

俺「結構です」

俺はD男の勧誘を軽くいなし、疑問に思っていたことを聞いてみた。
俺「何故、加奈子さんが実在の人物だと思ったんですか?」

D男「長髪黒髪でチェックのシャツにスカート、私はこの部分に注目したんだよ」

俺「と、言うと?」

D男「君は何も違和感を感じなかったのかい?」

俺「うーん」

俺はしばらく考えた後、率直な感想を言ってみた。

俺「別にこの部分はいらない気が・・・」

D男「そうだ、恐怖を煽る都市伝説にしては、明らかに浮いている部分に思える。そして、未完成の都市伝説にも関わらず、この部分だけが妙に細かい。勿論、この部分は噂が外部へと行けば淘汰される部分だろう」

俺「うんうん」

D男「他の部分とは違い、恐怖を煽る役割を果たしていない、そして未完成な初期の噂であり、それでも不自然なほどの細かさ。 つまりは、長髪黒髪でチャックのシャツにスカート、この部分は現実にある事柄を表していると考えられる。更には加奈子さんというリアリティのある名前も含め、現実にモデルが居ると考えられるのが自然だ」

俺「なるほど・・・」

伊達にオカ研ではないと言うことか、D男の理論は納得出来る。
俺「どこで生まれた噂かって分からないですかね?」

D男「それならば大体、察しは付いている」

俺「え?本当ですか?」

自身満々に言い張るD男に、俺は驚きを隠せない。

D男「君の学校だよ」

俺「俺の学校?」

D男「そういった都市伝説の類は、得てして狭いコミュニティである程度形成されてから、外部に広まって行くのは先ほどに述べた通りだ。 それに、類似するタイプの都市伝説と比べて、細部の構成が出来ていない。 それでも、未完成のまま君の学校では広まっている。つまり・・・」

D男は大きくもったいぶってから言い放った。

D男「加奈子さんは実在のモデルが居る可能性が高い、噂が出来たのは最近、そして出処は君の学校だ」

俺「おお・・・」

俺はD男の理詰めに完全に圧倒されていた。

これらのことから考えるに、噂の真相を探るには校内を中心に聞き込みをするべきだろう。

加奈子さんと言う人物が居ないか、そして最近何か起きたことはないか、これらも合わせて探っていこう。

俺は、丁重にD男に礼を述べ、部室を後にした。

まず俺は、彼女に校内を中心に聞きこみをして欲しいと伝え、自分は校内にカナコさんという名前の人が居ないかどうかを探した。

しかし、これは難しい話で、一つ一つのクラスを回る訳にもいかないし
居たとしても、「可南子や香夏子」であったり一致する名前は居なかった。

そんな最中、怪奇が起きてしまった。
夜中、寝ていて目が覚めた俺は、尿意を感じてトイレへと向かった。

用を足し、部屋へ戻った俺は異変に気付いた。
俺「寒い・・・」
部屋を出る前と比べて、明らかに室温が下がっている。

その日は温かい日だったのに、この部屋だけが隔絶されたかのように寒い。
俺「何なんだ・・・」

気にはなるものの、布団へと潜り込む俺。

しかし、何気なく窓の方へ目をやった瞬間、俺は戦慄した。

窓に・・・Aの家で見た女が張り付いている。

俺「ぁ・・・」

声が出ない、金縛りにあったように体も動かない。

バン!!!!!!
バン!!!!!!
バン!!!!!!

俺「!!!!!!!!」

女が狂ったように窓を叩き始めた

俺「た・・・頼む、消えてくれ!!」

目を閉じ、心の中で必死に念じる。

バン・・・!

バン・・・!

・・・

俺の願いが通じたのかどうか、音がしなくなり、目を明けると女は居なくなっていた。
俺はあまりの恐ろしさに、頭から布団を被り、朝まで震えていた。

もう時間が無いかもしれない・・・、俺は必死に情報を集めようとした。

俺「何か分かったことはない?」

彼女「うーん、特に無いなあ、あーそういえば」

俺「ん?」

彼女「あたしも見たんだよね、加奈子さんの夢」

俺「え・・・」

彼女「そんな心配しなくても大丈夫だって!」

俺「・・・・・・」

彼女は楽観的だが、俺は焦った。

俺は血眼になって探した、噂の当事者を。

そんな最中、彼女がついに、噂を詳しく知っている人を探し出してくれた。

彼女「卒業生の人で、噂について詳しく知ってる人が居るらしいよ」
俺は、彼女に頼み込み、当事者とアポを取る事に成功した。

俺「ここか・・・」

指定されたのは、学校近くの喫茶店。午後5時。

中へと入り、教えられた席を探す。
客は殆ど居なかった。

俺「右奥のソファー席・・・あ、あれか」

席へと座り、待ち人が来るのを待つ。

俺「来ないな・・・」

時間が10分、20分と経って行く
もしかして、すっぽかされたか?

そんな疑念も沸き始めた時

???「お待たせしました」

俺「あ」

声を掛けられ、振り向くと、そこには一人の男が立っていた。

???「噂を詳しく知りたい、というのはあなたですか?」

俺「はい、えっと○○と申します」

???「E男です」

男は俺の向かい側へ座りった。

中肉中背、大人っぽく、顔立ちは整っているのだが、暗い表情をしていた。

俺「あの、噂を詳しく知っていると聞いたのですが」

E男「加奈子は・・・俺の彼女です」

俺「え?」

次のページへ >

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク