汚い公衆トイレ

汚い公衆トイレ

高校生の時、俺は腸が弱かった。ゆえに、学校に行く時は少し早く出て、 途中の汚い公衆便所で用を足す事が多かった。 

その公衆便所は駅を降りて、通学路からは少し外れた、

森(と呼べるのか分からないが)の中にある。

そして、必ず一番手前のドアが閉まっていた。

無論その中にはいつも、ちゃんとした「人間」がいるのは知っていた。

くしゃみや咳、新聞を広げる音などがしていたからだ。

しかし、それを気にしている暇もなく、学校に遅れないように、 大量の○ンコをすることで精一杯だった。

いつも同じ場所で、俺が行った時にいつも用を足している人間がいる事を、 まだその時は不自然には思わなかった。

ま、そういう奴もいるだろう、と思っていた。

俺が朝、家を出て、電車の中で腹が痛くなり、 その公衆便所で用を足し、学校へ行く。

そんなサイクルも一年以上続いた高校二年のある日、 やはり俺は朝、腹が痛くなり、例の便所へ駆け込んだ。

そしていつものように閉まっている手前の個室を通り過ぎ、 用を足し終わった。その時、その個室から声がした。

「いいですね・・・いつもお腹の調子良さそうで」

学生、とは言えないが、若そうな声。

一年以上俺と同じタイミングで用を足していた、そいつの声を初めて聞いた。

だが「いつも」とはどういう事か?

とりあえず、「え、あ、まあ・・・」とぐらいしか返事を返せなかった。

そして次に奴が言った、不気味な言葉。

「私なんかね、もうね、ずっとお腹の調子悪いんですよ。ほんとに。 出てないんですよ、ずっと。私ねこの場所から全然出てないんですよ。 ほんとに。お腹の調子、悪いからね、出れないんですよ。」

手を洗いたかったが、これ以上ない寒気に負け、学校で洗うと決め、 早足でその場を出た。心臓がバクバクと鳴っていた。

後ろを振り向く事は絶対に出来なかった。

「いつも」という言葉。個室から出ていないのに、 なぜ俺が「いつも」用を足している事を知っているのか。

そして、「この場所からずっと出ていない」という言葉。

一年以上、奴はずっとあの場所に居たのか・・・?

考えれば考えるほど、訳が分からなくなった。

その日からはいくら腹が痛くても我慢して学校まで耐えるか、 遅刻覚悟で家で用を足して行くかにした。

奴が人間だったのか、分からないが、 これほどに不気味なことは無かった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク