石の怖い話

ふざけてるのかとAに何か言ってやろうと思った。
僕「何が、どうしてるって何?」
A「大丈夫か?」
A「昨日さあんだけ酔っぱらってたやん2人共」
僕「う、うん..。で?」
A「ちゃんと帰れたかなと思ってな」
何か違う、今度は違うのがわかった。何かさっき会ってたAじゃ無いのがわかった。
雰囲気か?空気みたいなものが違う気がして
僕「オマエ何言ってんの?..........オマエさ...A?」
A「.....迎えにいこうか?」
僕「来んでええ、来んでええ!」
A「迎えにいこうか!?」
僕「来るな!来るな!.....」
途中で携帯でしゃべってたはずが、頭の中でぐるぐる声が回る感じになり(昼と同じ)多分気絶したんだと思う。
朝玄関の入ったところで寝ていた僕を起こした、母が一言
「あんた、ええ年しておねしょするってどういう事?」
黒のパンツが腰辺りから下がびっしょり濡れていた。においは無い。
携帯の着信履歴をみた、Aの名前はやっぱり、というか無かった。

その日の昼すぎ事場のビルのゴミ捨て場にいく事に、自転車片手運転で駅まで。
地下鉄に乗り仕事場のゴミ置き場に向かった。箱ごとビルのゴミ捨て場に捨てようと思い、最後に恐いもの見たさで箱の中をのぞくと、腰が抜けそうになりその場にへたり込んでしまった。
石が真っ二つに割れていた
色は真っ黒に中が真っ赤になっていた。むちゃくちゃ怖かった。手がものすごく震えだして、止まらなくなった。
最初この時間くらいに見た時は青っぽかったのになぁと、怖さで混乱しそんな事を思ってしまうほどだった。
急に震えが止まった、体はかなり冷えていた。玉の入った箱をゴミ置きにお置いて、足早に駅へ。
駅までは行ったが、石を捨てた開放感?があっても、何かすっきりしないので、普段はやった事の無いパチンコ屋へ
ぼーっと玉を追いかけてると、よけいな事を考えずに済んだ。気がついたら日が暮れていたし、金もほとんどなくなっていたw
夜家に帰って夕飯を終え、風呂に入ってると、夕方から用事で出ていたオカンが帰って来てオカンが「あんた!どこいってたんな!何回電話しても携帯も通じひんし!留守番電話聞いてないの?あんたA君っておったやろ?亡くなったらしいで、電話あってA君のお母さんが一度電話くれって。」

Aが?嘘やろ!と思いつつA宅へ電話する。
僕「もしもし○○(僕の名前)ですが」
「ああ、○○くん..。ちょっとね大変な事になってね、ちょっと奥さん呼んで来るからまっててね」
何か向こうはざわざわしている。
Aママ「○○君?Aがね、」
僕「母から聞きました、今から行きますわ」
Aママ「いや、通夜はもうちょっと後やから今日はええよ明日でも。本人おらんしな」
僕「いや今日の方がいいんです。僕昨日Aと会ってるんです。」
Aママ「多分そうやろうと思いました、それやったら まあ、家に来てください。気をつけてね。」
電話を切りその足でタクシーを呼びA宅へ、昔はちょくちょく行ってた家だ。
A宅に着くとAママが見せたいものがあるから、Aの部屋へと案内した。
開けたとたんにちょっと嫌な感じがした、ガラステーブルに落書き帳?画用紙のやつがぽつんと置いてありそれを開けてみろと言った。
中に書いてあったのは僕とAママ宛への手紙だった。
中身はこんな感じ(全文ではないです)
おかんへ
おかん、これ見たら○○へ電話してこれ読むように言って。絶対に!
○○へ
昨日は変な事急に言ってごめんな。
でもオマエも十分変な事言ってたで、俺に会ったとかかなりキモイ事言ってたしな。
で、夢の内容やけどもあの後家帰って見たのは下半身全部赤かった、そんで、じわじわ首の方まで赤くなって行きよった、もちろん俺もや。
気になってんけどオマエはなんか黒い何かを持ってて、その回りが異常に赤かった。
何かの固まりみたいなもん。それしか分からん。
今日は弟の命日やけど、ひょっとして俺の命日にもなるかも知れんなぁ。アホみたいな話しやけど..
俺ら誕生日同じ日やしな。
オカンには悪いけど先に行くかも知れんから、先に言っとくわ、生んでくれてありがとうな。

何やろうなこれは、こう引っ張られる感じって。最近何かに引っ張られる感じがするわ。

手紙はここまでしか書かれていませんでした。後半はちょっとした遺言?みたいになっていた。
死ぬのがわかったのかどうかは、誰にもわかりません。
Aママがお茶でも入れるわと、台所へ行った。その間手紙以外何も書かれてない落書き帳をぺらぺらめくっていて思わず手が止まった。そこにはあれがあった。
真っ黒な大きな丸が書かれていた中心は真っ赤に塗り潰されていた。クレヨンで。
何度も何度も塗り重ねて黒が盛り上がってた。
ページの端の方に小さく何か書いてあった。というか鉛筆で書いて消しゴムで消した感じ?
書かれてないけど、書いた跡。
「探し物」って
しかも誰が見てもAとは明らかに違う筆跡で。
はっきり言って今でも一番鮮明に残ってる場面。後は何かようわからん話ですが..

どういう状況か分かりませんが、Aはベッドの上で眠るように亡くなっていたそうです。
Aママが昼前になっても起きないAを起こそうとしたら、呼吸しておらずに病院へ運ばれその時はすでに亡くなっていたそうです。
病院で服を脱がす時、足から首にかけて何本か赤いミミズ腫れのようなものがあったと言っていました。
Aが手紙を夢から覚めてすぐに書き、何か途中で眠たくなって寝たのでしょうか。
石の事も含めなにも分かりませんが、なぜか全てが石を拾った直後に起こった出来事です。
石に助けられたのでしょうか?Aに助けられたのでしょうか?
石とAが何か関係あったのか知りません。
12月31日夜中から1月2日の朝まで40度くらいの高熱が出た。
夢に何度もAが出て来た。何か叫んでるようだったが何か分かりません。
ゴミ捨て場にも行きました。もう無くなっていました。
僕の腕は正月明けの1月5日(たぶん)にふと上がるようになりました。
それ以来は何も起こっていません。

すみませんもうちょいあります。これで終わり
Aママから後から聞いた話しだと、偶然にも弟も亡くなった時同じ感じだったらしいです。
Aは自殺かと思われましたが、心不全みたいな事になったみたいです。<めちゃ怪死だと思うんだが。
そういう事なので、Aママの所に警察関係の人とか来て、事情聴取されてたみたいですが
外傷(ミミズ腫れは何故かすぐひいたらしい)や薬物(毒?)反応もなく殺人ではないと判断されました。
父親はAが5歳のときに亡くなったらしいのだが、Aパパは人の死期がわかる人だったらしい。

話中の台詞はこんな感じだったという記憶ですんで、そのままではないです。

ちなみに手紙にあったようにAとA弟は同じ誕生日、僕も実は同じ誕生日です。
今もちょっと年末が怖いです。

長文すみませんでした。こんな長い話を読んでくれた皆さん、ありがとう。
面白くなかった人ごめんなさい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク