北海道の雪山で遭難した人のSOS

北海道の雪山で遭難した人のSOS

1989年北海道・融雪沢上流の湿原に、樹木で組んだような「SOS」の文字が北海道警航空隊のヘリコプターに撮影された。

写真を分析したところ、文字は風倒木かシラカバの木をつないで文字に組み立てたもので、現場は登山道もなく、普段人が出入りしない場所だった。

発見翌日、道警は救助隊をヘリコプターで現地に派遣。
文字の確認と周辺を捜索、文字の周辺から、白骨化した遺体とカセットレコーダー、テープ三本の入った袋のようなものが見つかった。

道警に回収されたカセットレコーダーの中には若い男性の声で、二分十七秒にわたり、助けを求める声が録音されていた。

がけの上で身動きとれず
SOS 助けてくれ
がけの上で身動きとれず
SOS 助けてくれ
場所は初めにヘリに会ったところ
笹深く上へは行けない
ここからつり上げてくれ
(※下記動画参照)

検死の結果、発見された白骨は女性のものと断定された。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク