テレビと連鎖

テレビと連鎖

こわい話が昔から好きだったんだ。

その日も気づけばテレビの前にいた。

でも、どこからその番組のことを知ったのか全然思い出せない。

どこからか、冷たい風がふいていた。

かちっ、とテレビのスイッチをおした。。

ちょうどそのchだったらしい。

明らかに普通のバラエティ番組とはちがう雰囲気だ。

…血のたれた女がだらんと壁にもたれかかっている。

窓も何もない、真っ白の正方形の部屋らしい。

しばらく見ていたが、場面が変わる様子がない。

さすがに気味が悪くなってきた。

テレビの電源が切れない。

なぜだ。怖い。怖い。俺は部屋から飛び出した。

…ベットに潜り込み、いつのまにか寝てしまっていた。

目が覚めると、まだあたりは真っ暗だった。

…怖いんだけれど、さっきのテレビが気になってしかたがない。

引っ張られるようにテレビの方へ向かったんだ。

さっきと同じテレビはまだついたままだ。だけどあきらかにさっきと違うところがあった。

…女がいない。

全身から血の気が引くのがわかった。

後ろにいる。

直感でわかった。

耳元で女の声がする。

「さびしいの・・・」

俺はそのまま気絶したらしい。

たいようの光が窓から差し込み、目が覚めた。

よかった、夢だったのか。

すごい汗をかいている。

夢…?

いや、違う。

テレビがついている。

けっして夢なんかじゃない。

昨日の夜と同じように、女はその中にいた。

てが画面の端から出ている。

女の横にもう一人、人が増えているのに気がついた。

男だ。

次第にその男の顔がアップになっていく。

俺はその男を知っていた。

……

毎日鏡でみている顔だった。

気が遠くなっていく。

気がつくと白い部屋の中にいた。

2人じゃさびしいな、誰かこの部屋によばなくちゃ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク