不思議体験 亡くなった先生

不思議体験 亡くなった先生

学校にて。

担任の先生が、教室に入ってくると急に変なことを言い出した。

「えー、先生は亡くなりました。事故死です。皆さんも、車には十分気を付けてください。」

当然、生徒たちは訳が分からず顔を見合わせた。

一人のヤンキーっぽい生徒が先生に質問した。

「死んだ先生って誰のことですか?」

すると、担任は答える。

「死んだのは私です。今、病院にいます。」

もしろん、そのヤンキー生徒もこれを本気にはせずに茶化す。

「じゃあ、今日の授業は無しですか?笑」

「社会はないだろうね。」

その担任は社会の教師なのだ。

そして、先生は教室から出て行ってしまった。

その後、教室中がざわついてしまう。

少しして、1時間目が始まろうかというときになり、校内放送が鳴った。

急な全校集会があるのだという。

全校集会の内容というのが、今さっき教室にいた担任の先生が亡くなったという知らせだった。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク