心が病んでしまった友達

心を病んでしまった友達

もう8年以上前の話だが・・・。

大学進学も決まった高校卒業間近のある日、家の壁に軽く右肩をぶつけただけで激痛が走った。

大学病院で精密検査をした結果、骨肉種だという診断が下された。

骨肉種の治療としては、主に手術と、手術前後の抗がん剤治療が行われ、(順調に治療が進んだ場合でも)大体1年近くの入院が必要となる。

手術が終わり、再び地獄のような抗がん剤治療が始まろうとする頃、俺より1歳年下の男子高校生が同じく骨肉種で入院してきた。

歳が近く、同じ難病を抱え、個室も隣同士ということもあり、俺達は自然と仲良くなり、体調のいい時は部屋で一緒にゲームをしたりもした。(個室で且つ入院期間が長い場合、特別に据え置きゲーム機の持込が許可されていた。)

幸い俺の骨肉種は悪性度が低く比較的早期発見だったため、術後の転移もなく、順調に抗がん剤治療が進んでいた。

一方、隣の男子高校生は、日に日に体調が悪化しているようだった。

更に悪いことに、彼は抗がん剤の副作用がとても激しく、抗がん剤投与後数日は、1日中ゲーゲー吐く音が隣の部屋から聞こえてきていた。

数ヵ月後、後1ヶ月程度で退院できるという段階になったある夜、いつものように隣の部屋からゲーゲー声が聞こえてきていた。

もう何週間も隣の彼とは会話できていない。

すると突然いつもの吐く音とは違う何か「グゲェ!」というような声が聞こえ、それ以降、隣の部屋からの声は聞こえなくなった。

嫌な予感がしつつもその夜はそのまま眠りに着いた。

ふと部屋の外の騒がしさで目を覚ました。

時計をみると夜中の1時45分だった。

バタバタ廊下を走り回る音と、隣の部屋のドアを何度も開け閉めする音が聞こえた。

ただごとではないことを感じてはいたが、何か言い知れぬ恐怖感を感じたため、布団を頭から被り再び眠りに着いた。

翌朝、恐る恐る外に出てみると、隣の部屋のドアは閉まっており、一見いつもと変わらないように見えた。

しかしその後、警察だが検察だかの人や、泣きじゃくる隣の男子高校生の両親の姿を見て、昨夜、隣の部屋で何が起こったかということは容易に想像できた。

その後、俺は最後の抗がん剤投与を受けた。

この抗がん剤投与が終了すれば退院できるという希望を胸に、苦しい吐き気や下痢と戦っていた。

夜中、激しい下痢に襲われトイレに向かった。

時刻は夜中の2時前頃だろうか。

3つある個室のうち、真ん中のドアがしまっていた。

こんな夜中に?と一瞬不審に思ったが、この病棟は抗がん剤治療患者が何人もいるので、俺と同じように下痢になったんだろうと思い、そのまま手前の個室に入った。

程なくして隣の個室からゲーゲー吐く音が聞こえてきた。

やはり抗がん剤治療患者だなと思った次の瞬間、「グゲェ!」という音が聞こえたかと思うと、個室の壁をガンガン叩きだした。

突然の出来事に驚いた俺は、「大丈夫ですか?!今看護士さん呼びます!!」と叫んだ。

すると、個室を遮る壁の上部から青白い顔がニュッ!っとでてきてこちらを睨んだ。

死人のように青白いその顔はまぎれもなく、以前隣に入院していた男子高校生だった。

そして、こう叫んだ。

「お前も死ねばいいのにな!!」

その1週間後、俺は無事退院し、1年遅れで大学に入学して、幸い再発もなく健康に過ごせている。

だけど、あの声が・・・、最後のあの声が今も耳から離れないんだ。

あいつが、いつも俺のそばにいるんだよ!!

大学で知り合った友人宅で酒を飲んでいるときに、友人から急にこんな話をされて驚いた。

腕時計をみるともう夜の10時25分過ぎを指していた。

なぜか、急にこの部屋から逃げ出したくなった。

「余り酷いようなら精神科に行ってみたほうがいい」

そう言い残し、俺は友人宅を後にした。

次の日、友人が自宅で自殺したことを知った。

帰宅途中のサラリーマンが、ベランダで首をつっている友人を発見したそうだ。

地元の新聞によると、通報時刻は夜の10時30分頃だということだ。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク