アパートのドアスコープ

アパートのドアスコープ

当時、アパートに住んでいた。

そこに住んで長かったんだが、ドアスコープが気になって仕方ない時期があった。

きっかけは、私が玄関の掃除をしているときだった。

なんだか誰かに見られているような、妙な感覚がしたのだ。

キョロキョロしていて、ふと目に留まったドアスコープを覗いてみると、外にはシーツのようなものをかぶった人がいた。

ビックリして、その場から離れた。

しばらくの間は、スコープを覗くことはできなかった。

でも、どうしても気になって、ときどき覗いてみることがあった。

すると、毎回その人(?)はいるのだ。

怖いけど、何もしてくる様子はないので、好奇心からちょこちょこ覗くようになった。

その日も、スコープを覗いていたときに、遊び半分で手を振ったり手招きをしてみた。

すると突然。

激しくドアを叩かれ、ドアノブをガチャガチャと開けようとしてきたのだ。

鍵はかけてたが、慌ててチェーンもかけた。

5分くらいすると、ようやく静かになる。

恐怖から、涙と汗が止まらなかった。

手は取っ手を握ったまま、動かなかった。

もう覗くのは嫌だったけど、少しだけドアスコープを見てみると・・・

真っ赤に充血した目が見えた。

目を目が合ってしまったのだ。

すぐにガムテープでスコープを塞ぐと、ベッドに潜りこんで、その日は寝た。

すぐにでも部屋を変えたかったが、当時金のなかった私はここの家賃を払うのですら精一杯だった。

仕方がないので、頻繁に友達に泊まりに来てもらうようにした。

それから2年ほど経った頃、今のマンションへ引っ越した。

引っ越した直後、前のアパートの掃除をしに行くことがあった。

ちょっと怖かったため、早めにすます。

帰るときに、お世話になったアパートに一礼して帰ろうとしたのだが。

外側から中を覗くとどんな風に見えたのかな、と思って外側から中を覗いてみた。

すると、ぼんやりと白い物体がウネウネとしているのが見えた。

それは、だんだんとこっちに近づいて来た・・・

怖くなり走ってその場から離れた。

それからというもの、引っ越し先のドアスコープにも白い人がうつるようになってしまった。

今度目が合ったら、もう戻れない気がして怖い・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク