無限に続く苦しみ 自殺のループ

無限に続く苦しみ 自殺のループ

大学時代の経験。

神奈川の、敷地だけが広い、某大学でのこと。

大学の講義を受けてるときに、遠方の校舎の屋上から飛び降りる男を見た。

俺は窓からその光景を見ていたから、驚いて立ち上がったんだけど、声を上げようとしておかしなことに気づいた。

男が落ちた場所に、死体がないのだ。

おかしいな。

そう思いながら、もう一度屋上を見ると、また同じ男が屋上からダイブしていた。

そして、地面に墜落する寸前に消えた。

また、屋上から飛び降りる。

あとはもう、これの繰り返し。

エンドレスだった。

飛び降りては消え、飛び降りては消え、動画をループ再生してるみたいだ。

よく「死者は死んだときの状況を繰り返す」という話を思い出して、その男はこの世のものじゃないんだと思った。

毎日毎日、朝も昼も夕も、延々その自殺はループされていた。

さすがに何度も見てると慣れてしまうもので、俺はだんだん気にしなくなっていった。

もはやその自殺の光景が、日常化してしまったんだ。

でも、ある日のこと。

俺が食堂に向かうために友人と外を歩いてると、ふと真上から震えたような声がした。

「誰か止めて」

びっくりして見上げると、頭上数メートルくらいのところに、飛び降りてきた男の顔があったんだ。

一瞬で思い出したよ。

俺が立ってる場所が、男が墜落した場所だってことに。

気づいた時には遅かった。

左肩に凄まじい衝撃を感じて、俺は気を失った。

起きた時には病院のベットの上だった。

幸い、肩の脱臼と肘を骨折した程度で済んだ。

友人に聞いたところ、何もないのにいきなり俺が肩を沈ませて倒れたらしい。

頭から垂直に落ちてくる男の引き攣った半笑いみたいな顔と、肩に感じた髪の毛が擦れるような感触と衝撃を、今も覚えてる。

去年、サークルの飲み会で久々に大学に行ったんだけど、男はまだ飛び降りを繰り返してたよ。

それ以来、自殺だけはしないと誓った。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク