一人暮らしのアパートに現れる幽霊

一人暮らしのアパートに現れる幽霊

大学生だった頃の話。

友人が家に泊まりに来いと言うから、一人暮らしの狭いアパートへと泊まりにいった。

当時の俺は、彼女と別れた直後だったということもあって、酒を買い込んで遊びに行ったわけだ。

アパートでは、酒を大量に飲み、いつの間にか眠ってしまっていた。

時刻は深夜、俺はふと目を覚ました。

横に寝ている友人に何気なく目を向けると、横になる友人の身体の上に、誰かが乗っているのが見えた。

女性のように見える。

グレーのTシャツ、黒っぽいスウェットパンツの女性。

俺は酔っぱらった頭で

「こいつ(友達)、俺が寝てるからって彼女呼び出したな。イチャついてやがる。」

と思った。

俺が彼女と別れたばかりだったこともあり、頭にきてしまい、つい怒鳴ってしまう。

「おい、こら!」

次の瞬間、女性の姿は消えてなくなり、友人は飛び起きた。

その後、友人の話を聞いてみると、先ほど上に乗っていた女性は人間ではないのだという。

毎晩、眠ると現れて、首を絞めてくるのだとか。

友人が目を覚ますと消えるらしい。

俺がイチャついているように見えたのは、まさに首を絞めている最中だったようだ。

この女性が友人の妄想ではないということを証明したくて、事情を説明することなく俺を泊まらせたということだった。

迷惑な話である。

謝る友人の首には、赤い痕が見えた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク