戸締りに助けられたというリアルな怖い話

戸締りに助けられたというリアルな怖い話

幽霊ではなく、人の怖い話。

私には、癖があった。

家に帰ってきた瞬間に鍵をかけるという癖だ。

今は一人暮らしをしているのだが、マンションの部屋に入ってから、扉が閉まった直後にすぐに鍵をかける。

もう、閉まりきったかきってないかくらいのタイミングで、すぐに鍵をかける。
これがいつの間にか習慣になっていた。

ある日のこと。

その日もいつもと同じように、家に帰った瞬間に鍵をかけた。

そうしたら、私がカギをかけたのとほぼ同時に、ドアノブを誰かがガチャガチャした。

驚いて、ドアの覗き穴から外をうかがって見ると、そこにはホームレスのような風貌のおじさんがいた。

本当に怖かった・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク