現実的な恐怖体験 ガソリンスタンド

現実的な恐怖体験 ガソリンスタンド

おととしに、逗葉地区で体験した話。

前に乗ってた車の末期、ラジエータがいかれてしまい、水温計振り切る寸前でスタンドに持って行った

液漏れもしていて、少し煙も立ち上ってる状態。
もうちょっとでディーラーがあるから、ガスを入れる代わりに、しばしの間熱さましと液を補充してもらうことにした。

スタンドのバイトの兄ちゃんは言った。

「俺見ますよ」

「ディーラーに持ってくからいいよ」

「大丈夫っすよ。見ます」

そこまで言うなら、という感じでオイラは待合室へ。

そこでボーっと見ていたら、バイトの兄ちゃんは何を考えてんのか、いきなりラジエータのキャップを・・・

止めることもできないまま、3メートルくらい吹き上がる沸騰したクーラント液。

その場は、騒然となった・・・

バイトの兄ちゃん、ほっぺたの皮がでろーん状態・・・。

メガネをしてたのが、不幸中の幸いだった。

「すんません、すんません」

と言って俺のところに謝りに来たけれど、こちらとしては

「そんなことより早く病院行きなよ」

という感じ。

金払うと言っても、ガソリン代と洗車代を無料にしてくれた。

なんだか申し訳ない気持ちになってしまった。

あの兄ちゃんヤケド治ったかな?

スポンサーリンク