怪談 闇金の取り立て会社の謎の倒産

闇金の取り立て会社の謎の倒産

友人が以前、闇金の取り立ての仕事をしていた。

その友人はかなりのDQNで、最初のうちこそ闇金の取り立てを天職だと言って笑ってた。

でもさすがに、鉈(なた)を持って追いかけられたり、債務者の飼ってた飢えた大型犬に襲われて死にかけたり、子供が泣き叫ぶ中無理矢理一家離散の手続きを勧めなければならなかったりと、現実は想像以上に酷かったそうだ。

(闇金の)会社の社長はヤ●ザ。

上司もリアルウシジマくんの様な感じだったそうで、辞められなかった。

ある日のこと。

事務所に債務者のおっさんから電話が入り、「金を返す」と言われたそうだ。

友人は、上司と共におっさんの家へ向かう。

おっさんの家に到着し、玄関口で呼んでも出てこない。

鍵が開いていたから、玄関から入ってみたそうだ。

室内は荒れ放題。

ゴミ屋敷のようだった。

おっさんは、奥の部屋にいた。

首に縄がかかり、宙に浮いて揺れてた・・・・

DQNの友人も、さすがに首吊り自殺の現場を見たのは初めてで、腰が抜けてしまった。

一緒にいた上司は、見慣れてるらしく、「借金返さないうちに死にやがって」と、死体に罵声を浴びせてたらしい。

結局、その日は警察に通報してから、帰ったそうだ。

数日後から、上司の様子がおかしくなった。

会社に出勤せず、家に閉じ籠って電話にも出こない。

元々やばい薬に手を出してたそうなのだが、その筋の話によると買う量がどんどん増えていったとのことだった。

さすがに、心配になり、会社の連中総出で上司の住んでるマンションに行ったのだが。

大家に鍵を開けてもらい室内に入ったら、上司は風呂の中で死んでた。

検死の結果、死因は薬物の大量摂取による中毒死だったとのことだった。

だが、死体には明らかにおかしいところがあったそうで、結構面倒な話になったらしい。

死因にはならなかったそうだが、首には縄で締められた様な跡が残っていたのだが、室内からは縄とかロープなどは発見されず。

部屋はロックされており、鍵も室内にあったそうで完全な密室。

そのことがあって、友人は怖くなり、会社を辞めてまともな道に戻った。

その後、その会社の従業員は社長以下数人が首吊り自殺したそうだ。

会社も潰れたらしい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク