マンションでの怪現象 深夜の子供

マンションでの怪現象 深夜の子供

私は、霊感が0の平凡な人間です。

でも、人生で1度だけ霊体験をしたことがあります。

私の自宅はマンションで、部屋は廊下に面しています。

ですので、廊下を誰か通るとすぐに分かります。

薄手のカーテン越しに、人影がはっきりと見えるのです。

これは、高校1年のときの話です。

私は、自室にいました。

夏休み前の定期考査に向けて、勉強をしていたのです。

外は酷い雨。

時刻は、深夜2時半を過ぎていました。

そろそろ寝よう・・・・そう思ったときです。

トタン・・・・トタン・・・・トタン

キャハハハハ・・・・

小さな子供の笑い声と共に、スキップしたかのような軽快な足音が聞こえてきました。

マンションの端に1台だけあるエレベーターの方向から聞こえてくる感じがしました。

同じ階に住んでいる子供のいる家庭かな?

と、最初は思ったのです。

でも、妙なことに、子供の笑い声と足音しか聞こえません。

親はどこにいるんだ?

そんなことを思いながらも、部屋の電気を消し、ベッドに潜りました。

トタン・・・トタン・・・トタン!

キャッキャッ!

その声と足音は、どんどん私の住む部屋まで近づいてきました。

私は、なぜか少し怖くなっていて、目を閉じると、子供が通りすぎるのを待ちました。

もう少しで、通り過ぎる!

ドキドキしながら、子供が通り過ぎるのを待ちました。

子供の足音と声は、私の部屋の窓の前でピタリと止まりました。

・・・・・・

静寂が部屋を支配しています。

今まさに、窓の向こうに誰かがいる。。。。

10cmほど開けてある部屋の窓からは、視線を感じました。

私は、恐怖と好奇心から、窓の外を確認したいのですが、なぜだか体が動きません。

だんだんと意識が冷静になってきた私。

「今、窓を見たら終わりだ!寝ろ!!」

と自分自身に言い聞かせます。

何時間こうしていたことでしょう。

気がついたときには、部屋に朝日が差しこんでいました。

朝だと気づいた私は、飛び起きて、母のもとに向かい、昨夜のことを伝えました。

話を聞いた母は

「・・・ま、その年頃にはよくあることやし、忘れ。」

と、あまり真剣には聞いてくれませんでした。

これ以降、心霊的な体験はしてません。

この体験こそが、洒落にならないくらい怖い出来事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク