死神は小学校低学年の男の子

死神は小学校低学年の男の子

去年の夏。

その日の夜は、友人との飲み会に出かけており、帰りは遅くなってしまった。

終電を逃してしまい、朝まで飲み明かすという話も出ていたけれど・・・私は、次の日に用事があったため、帰ることにした。

私の自宅は、新宿からそう遠くなく、タクシーに乗ればすぐだった。

歩けない距離ではないため、酔い覚ましも兼ねて、暗い夜道を一人で歩いて帰ることにした。

にぎやかな繁華街から、静かな住宅街に入っていく。

夜風の気持ち良さを感じながら歩いていると。

突然、暗がりから男の子が現れた。

小学校の低学年くらいの男の子で、全身黒ずくめだった。

その子は、

「迎えにきました!」

と、私に向かって言ってくる。

どう返事をしていいのか戸惑っていると、男の子は私の顔をじーっと見つめた後

「あっ、ごめんなさい!間違えました。」

そう言うと、走って行ってしまった。

時計の針は、午前2時過ぎを指していた。

こんな真夜中に、あんなに小さな子供が、一人でうろついているなんて・・・これは、どう考えてもおかしい。

異様な空気に気が付きながらも、そのまま帰宅した。

家に帰ると、弟はまだ起きていた。

今さっきあったことを、弟に話してみると、

「それ、死神だったんじゃねーの?(魂を)持ってかれなくて良かったな。」

と、笑われてしまった。

数日後。

近所で不幸があった。

亡くなったのは、私と同じ年頃の女性だった。

死因は、不明らしく、突然死だったらしい。

そして、その女性の家は、あの夜、例の男の子が走って行った方向だった。

すべては偶然かもしれない。

でももしも、あの男の子が死神だったと考えると・・・・

そして、もしも私が、あのまま間違われたままだったら・・・そう考えると、背筋が冷たくなる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク