都市伝説的な怖い話 配達員

都市伝説的な怖い話 配達員

Aさんは大学生のころ、お中元配達のバイトをしました。

自分の車を使って、配達先の家を回る仕事。

たくさん回ると、時給以外にも報奨金が出る美味しい仕事でした。

その日も、暗くなるまで配達をし、次が最後の1件となりました。

そこは大きめの家で、インターホンを押すと、 中から感じの良い中年の女性が出てきました。

その女性(奥さん)は、玄関の横の部屋に印鑑を取りに行きました。

印鑑を持ってきた奥さんは、どこか様子が変に思えました。

突然おかしなことを言い出すのです。

Aさんに向かって、

「荷物の中身がおかしい。開封して中身を詰め直したでしょ?あなたがやったの?」

と、ワケの分からないことを言いだすのです。

身に覚えのないAさんは、誤解を解こうとしても、奥さんは聞く耳持たず。

「正直に言いなさい!今、営業所に電話するから、上がって!」

と、Aさんを半ば無理矢理、家の中へと連れ込むと、扉を閉め鍵までかけました。

Aさんは、必死で

「そんなことしてません!」

と訴えますが、奥さんはそれを無視して、電話をかけ始めました。

でも、電話の様子がおかしいのです。

営業所に電話すると言っていた奥さんですが、会話の内容が全く違いました。

「もしもし、警察ですか?今うちに、荷物の配達の人が来てるんですけど・・・印鑑を取りに行くときに、ふと窓から外を見たら、配達の人の車に、刃物を持った男が乗りこんで、そのまま後部座席に隠れたのが見えたんです!」

そして、奥さんは電話が終わると、Aさんに言いました。

「ごめんね。気が付かれると、逃げられてしまうと思って・・・」

今までの態度が、すべて演技だったことを打ち明けてくれたのです。

しばらくすると、警察が到着し、車に乗り込んでいた刃物を持った男は逮捕されました。

逮捕された男は、精神的におかしい人だったようで、ニュースにはならなかったようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク