身近な恐怖感 友達からの恋バナ自慢

身近な恐怖感 友達からの恋バナ自慢

大学生のころ。

友達のAに、遠距離恋愛の彼女が出来たらしく、毎日のろけ話がウザかった。

ある日、Aの家で遊んでたときのことだ。

午前2時頃、Aが眠気に負けて寝落ちしたんだ。

そのときに俺と同じく、Aののろけ話に嫌気がさしていた別の友達Bが、

「Aの携帯で、Aの彼女にイタ電しようぜw」

と、イタズラの提案を持ち掛けてきた。

冷静に考えるとDQNな行動だし、反省もしているけれど、酒が入ってたこともあり、ノリノリになってしまった。

Aの携帯をこっそり開くと、まずはメールを見てやろうと受信ボックスを開いてみる。

そこには、Aの彼女の名前がずらーっと。

ちょこちょこと読んでみたところ、甘々なメールばかり。

次は、送信ボックスも覗いてみる。

これまた甘々なメールの数々に、俺とBは爆笑。

同時になんだか腹立たしさも覚えてしまい、これはもう本当にイタ電するっきゃないということになった。

なぜだか着信履歴の欄に、Aの彼女の名前はなかったので、アドレス帳を探して、彼女に発信。

出るかなー、とワクワクしていると、部屋に謎の着信音が鳴り響く。

「・・・お前の携帯?」

Bが聞いてくる。

「いや、俺のじゃないよ、お前のじゃないの?」

そのときAの部屋にいたのは、俺とAとBの三人だ。

俺の携帯でもなく、Bの携帯でもない。

Aの携帯は、今俺が持ってる。

この部屋に、もう一台携帯があるはずがない。

Aの彼女に電話をかけた途端に鳴り出した、謎の携帯音。

これが指し示す事実は、まぁ、1つしかない。

音の出所を探してみた。

Aがいつも持ち歩いている鞄の中から音がしていた。

開けてみると、水色の携帯を一台発見。

それを、恐る恐る開くと、画面には着信の表示。

Aの名前が出ていた。

「・・・・・こいつ、なにしてんだよ。。。」

Bが、本気で引いてる。

俺もゾッとして、酔いが醒めてしまった。

幸い、Aは起きることはなかった。

Aの携帯二台から、それぞれの発信と着信履歴を消し、何事もなかったかのように翌朝も振る舞った。

全く眠れなかったけど。

それ以来、Aとは疎遠になっていったけど、その後も何度かのろけ話を聞いた。

大したこと無い話なんだけど、事実を知っている以上、それが怖かった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク