空襲で被害を受けた子供の霊

空襲で被害を受けた子供の霊

俺の住んでる地域は、(第二次世界)大戦中、空襲が酷かったそうだ。

ここいら一帯あちこちに防空壕があって、小高い場所にある俺の家の下にも、防空壕は2個ある。

霊感は少しあるかないか程度で、ちゃんと見える人じゃない俺でも、家の下は良い感じがしない。

ここへは、5年くらい前に引っ越してきたのだけど、そういうのがたまに出る。
よく見かけるのは子供。

男女でいるんだよ。

他には、女が1人。

怖いのは苦手だから、そういったものを見るたびに泣きそうになる。

そして、つい最近、死ぬ程怖い体験をした。

俺が、1人でいるとき。

そろそろ寝ようと思ったときだった。

ふと風呂場の入口の引き戸が、半開きなことに気付いた。

閉めようと、戸に近づくと、中には男の子(子供)がいた。

しかも、普通の子供じゃなかった。

肌が真っ黒だったのだ。

汚れているのではない。

真っ黒な子供が、正座していて、体は微動だにしてないのに、顔だけがクルクルと回っている。

無表情の顔で、クルクル、クルクル。

もう、俺は死ぬ程怖くて。

いい歳して情けないけれど、半泣きになり走って家から出た。

そのまま、近くのコンビニで一晩すごした。

朝になり、帰ってみると誰もいなかった。

安心したけれど、今でも正直怖いよ。

あいつは何だったのか。

今はどこにいるのか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク