人間の狂気 新宿駅のトイレ

人間の狂気 新宿駅のトイレ

先日、ある用事で東京に行った。

片田舎からの上京で、朝一の高速バスで、午前9時ごろ新宿駅に到着。

バスには、もちろんトイレ休憩はあったけれど、眠さには勝てずに車内ではずっと寝ていた。

そしたら、新宿駅に着いたころには便意がMAX状態。

ケツを閉めるように、バスを降りると、駅のトイレを探した。

ようやく「TOILET→」といった表示を発見したと思ったのだけど、またそこからが長かった。

「↑TOILET」

「←TOILET」

新宿駅のもの凄い人混みに揉まれながら、迷路みたいに歩かされ、表示の通りに進んだ。

いつの間にか、壁と壁の隙間のような狭い通路に出ていた。

周りには、人がいなくなっていた。

もうそのころには、俺の肛門も限界寸前。

トイレを見つけたときには、「よし間に合った!」といいう喜びだったのだが、トイレの入り口には1人待ってる人がいた。

「こんな奥まった場所でまで、トイレ待ちかよ。さすが新宿駅。」

そう、思っていると、その順番待ちらしき人は

「あ、お先にどうぞ。」

と譲ってくれた。

疑問は感じたけれど、肛門が爆発寸前状態の俺は

「あ、すいません。」

とお礼を言うと、有難く個室まで猛ダッシュ。

洋式の便器に座ると同時に、大放出。

なんとか間に合ったか・・・・

安心してから、奇妙なことに気が付いた。

さっきの人は、個室が空いてるのに、何待ちしていたのだろう?

しかも、個室は2つもあって、そのどちらも空いてたのだ。

・・・・次の瞬間だった。

閉じたドアと、壁の3ミリくらいの隙間から、刃物がスッと差し込まれた・・・・

お寿司屋が使うような柳刃包丁が、音もなく差し込まれたかと思うと、その隙間を上下に思いっきりガチャガチャと動き出した。

ガシャガシャグサグサ刺しまくっていたのだ。

目の前のあまりのことに、震え上がり、便座の上でじっとするしかなかった。

包丁は反対側の隙間や、床とドア下の隙間からも差し込まれて暴れまわったが、俺の体には当たらずに済んだ。

しばらくすると、包丁は引っ込んで、何事も無かったかのように静かになった。

俺は、恐ろしさのあまり、そのまま便座の上で固まってた。

その後、思い切ってドアを開けたが、もうそこには誰にもいなかった。

絶対さっきのあいつだと思い、警察へと通報したのだが、証拠も何もないし、被害もないことから、そのままうやむやにして流されてしまった。

やっぱり、東京って怖いと、つくづく感じた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク