リアルな怖い話 叔父の恐がる子供の掌

リアルな怖い話 叔父の恐がる子供の掌

注:少し後味の悪い話です。

これは、死に目を看取った(みとった)おじの話。

生涯独身だった叔父は、姉の子供の俺を、我が子のように可愛がってくれていた。

俺も、叔父が大好きだったし、社会人になってから俺は、叔父と同居して叔父が亡くなるまで一緒に住んでいた。

そんな叔父には、1つだけ変な癖があったのだ。

その変な癖とは、叔父は子供の手のひらをとても怖がるというものだった。

どれほど怖がっていたかというと、小さかった頃の俺が少しでも手を上げただけで、全速力で走って逃げる程だった。

俺はそれが面白くて、よく手を叔父に向けて叔父を追いかけて遊んでいた。

意地悪く追いかける俺が、疲れて立ち止まると、叔父は息を切らせながら、引きつった笑顔で頭を撫でて可愛がってくれた。

優しい人だった。

俺が社会人になって数年経ったある日のこと、俺は叔父と晩酌をしながらテレビを見ていた。

その日は、2人とも珍しく深酒をして、話しは俺の子供時代についてになっていた。

叔父はあるときの正月の話しをし始めた。

当時、ロードショーでやっていたキョンシーの映画を見た正月に、俺が夜中に一人でトイレに行けなくて泣いていたエピソードを嬉しそうに語っていた。

叔父の背に隠れるようにトイレに行く俺が、叔父は可愛くて仕方なかったと、酒に酔って真っ赤な顔で嬉しそうに話していた。

昔の恥ずかしい話しをされて少し腹が立った俺は、今度は仕返しに、叔父が子供の掌(てのひら)を怖がっていたことをいじり始めた。

しばらく俺は、叔父がいかに情けなく怖がっていたのかを話していたが、ふと、叔父の顔が怖い程真剣になっていることに気がついた。

初めは、怒らせてしまったのかと思い、慌てて謝ったのだが、その内、叔父がなにか言いにくいことを言おうとしているのだと察した。

俺は、叔父が話し始めるのを黙って待つことにした。

なかなか話そうとしない叔父。

俺がしびれを切らし、声をかけようとしたとき、叔父はポツリポツリと話しを始めた。

その話によると、昔、叔父はトラックのドライバー助手をしていた時期があったらしい。

トラックのドライバー助手と言っても、まだ大型免許を取るために教習所に通っていた最中の叔父は、勤めていた会社と契約しているドライバーの運転するトラックに同乗し、着いた先で荷物の上げ下ろしを手伝うのが仕事だったそうだ。

荷物の上げ下ろしはともかくとして、目的地に向かう最中の車内では特にやることはない。

叔父は、車窓から景色を眺めて過ごしていたそうだ。

そんなある日のこと。

珍しく長距離トラックの助手になった叔父は、話すネタが尽きてドライバーが鼻歌を歌い始めたころから、高速道路の景色を普段通り眺めていた。

その地方は、数日前に雪が降ったらしく、高速道路の道や路肩には、うっすらシャーベット状の雪が残っていた。

しばらく、そんな景色を眺めた叔父は、ふと、併走しているバンに小さな女の子が乗っているのに気がついた。

その女の子をボンヤリと眺めていた叔父だったが、女の子の方も叔父に気付いたらしい。

初めは、恥ずかしそうに、その内だんだんと叔父に笑顔を向けた。

叔父も笑顔を返しながら、家族で旅行にでも行くのだろうと、ホンワカした気持ちでその女の子を眺め続けていた。

やがて、すっかりはしゃぎ始めたその女の子は、窓ガラスにくっつくように身を寄せると、小さな手を叔父に千切れんばかりに振り始めたのだとか。

気を良くした叔父が、手を振り返そうと思った瞬間、

「やりやがったっ!!」

隣で運転していたドライバーが、突然怒声を上げて急ブレーキを踏んだ。

叔父が慌てて前を向くと、そこには雪にタイヤをとられて、高速道路を斜めに滑っている大型トラックの姿が目に飛び込んできた。

叔父の乗ったトラックは、慌てて急ブレーキを踏んだせいで、車体が横を向いていき、徐々にフロントガラスに近づいてくるアスファルトを見て、叔父はこのトラックが横転しそうな事を理解した。

慌ててシートベルトを強く握り衝撃に備えた叔父の目に、同じように雪に滑って横向きに滑る女の子の乗った車の様子が飛び込んできた。

女の子は、横向きで進む車の窓ガラスに押しつけられ、可愛らしかった顔を化け物のように歪めてガラスに張り付いていた。

やがて、滑ることを堪えられなくなった女の子の車は、今度は車体をアスファルトに叩き付けるように横に回転し始めた。

回転し女の子が押しつけられた側が地面に叩き付けられる度に、その子の顔は酷く潰れ、車内に血が飛び散る様子が、叔父の目にはハイスピードカメラで撮った映像のようにゆっくりと見えていた。

その後、叔父の乗ったトラックも横転してしまい、その凄まじい衝撃で叔父も気を失った。

・・・・目が覚めると、叔父は病院のベットだった。

そのまま、しばらく入院することとなった。

見舞いに来た上司の話によると、叔父に手を振っていた女の子は、アスファルトに叩き付けられた衝撃で、原型を留めない姿になって・・・亡くなってしまったらしいと聞かされた。

その後、叔父はその会社を辞め、大型トラックの免許の講習も中断して別の会社に就職した。

そのときの窓ガラスに押しつけられた女の子の姿が忘れられず、結婚して子供が出来たとき、生まれてきた子が女の子だったらと思うと、強い恐怖感を抱いてしまうようになり、結局、生涯独身のまま人生をまっとうした。

叔父曰わく、あの日以来、子供の掌(てのひら)を見ると、あのときの光景がフラッシュバックしてしまい、怖くて仕方がないと言っていた。

血にまみれの真っ赤に染まった車が、回転する度に砕けていく窓ガラスで、その子の小さな掌だけが白かったんだよ。

そう言うと、氷が溶けて薄まった焼酎を一息にあおると、空いた手でガリガリと爪を立てて頭を掻き毟っていた叔父の姿が・・・今でも俺の脳裏に焼きついている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク