他人に酷いことをすれば災いは己に返ってくる 因果応報

他人に酷いことをすれば災いは己に返ってくる 因果応報

俺のおかんが、酔っ払ったときに話してくれた与太話

今年、実家に帰ったときに、おかんが今まで体験してきた不思議な話をたくさん聞かせてくれた。

本当に、ただの与太話なのか。

はたまた、実話なのか。

ただ俺は、その話を聞いて、年甲斐もなくワクワクした。

おかんの話は、いつもブッ飛んではいるが妙に納得させられることが多い。

親父曰く、「昔から不思議な女だった」と。

俺たちには「見えないもの」「聞こえないもの」を、普段から感じて生きているおかんの話は、文字に起こして書くことが勿体ないくらいの雰囲気がある。

なるべく、その雰囲気を壊さないように心がけて、書いてみようと思う。

では、印象に残った話を。

おかんが、学生時代。

当時のおかんは、絵を描くことが好きで、絵かきサークルみたいなのに所属していた。

そんな大学3年の春に、新歓コンパがあったらしい。

もともと酒好きなおかんは、周りのことは気にせず1人で飲んだくれていたそうだ。

すると。

どこからともなく、1年生の女の子が隣に座ってきた。

酒は好きでも、宴会の雰囲気が嫌いと言っていたその女の子と、すぐに意気投合。

二人はお互いに、自己紹介しながら飲み始めた。

なんでも、二人は歳は同じなのだけれど、女の子は2浪して大学に入ってきたらしい。

この女の子を、以下A子とする。

A子は、ウィスキーをロックで煽 り、店員にじゃんじゃん酒を 持って来させたそうだ。

さすがに、「飲みすぎだ」とおかんが注意すると、A子は「私、水で死ぬんです」という、突拍子もないことを言い出した。

酔っているとはいえ、初対面の人間にいきなりそんなおかしな話を振ってくるなんて、ちょっと変わってるな、と思いながら、 「何で?」と聞いてみた。

A子曰く、中学時代自分はイジメをしていたのだとか。

なんでも、クラスに貧乏臭い見た目の女の子が転校してきたらしい。

最初のうちは、なんとも思っていなかったのだが、中学2年の2学期中間試験で、その転校生はすごい好成績で、一気に学年トップになったのだとか。

今まで、ずっと学年で一位をとっていたA子は転校生に酷くジェラシーを感じた。

貧乏で汚い見た目、家も廃屋のようだったという。

そんな子が、転校してきていきなり1位になった。

周りの子には、「天才!」などとチヤホヤされ出したのが気に入らなかった。

それからというもの、A子を含む3人組は、その転校生をイジメ始めたのだった。

貧乏を馬鹿にし、縦笛を捨てたり、教科書に落書きをしたり。

よくありがちなイジメ。

転校生は、特に文句を言ってくる訳でもなく、ただひたすらに耐えていた。

そんな、ある日。

その転校生の父親が亡くなった。

彼女は、2週間ほど学校を休んだが2週間後には、何事も無かったかのように登校してきた。

なにをされても、なにが起きても動じない彼女に、A子達は余計に苛立ちを隠せなくなったらしい。

「父親が死んだのに、全然悲しそうじゃない!この、冷血人間!」

などと、罵倒し始めた。

そんな毎日が続き、冬休みに入る頃。

A子の仲間の1人が、転校生の父親の墓がある寺を見つけ出した。

どんなにイジメも手応えがなかったので、

「父親の墓を荒してやろう!」

という、とんでもない計画を立てたのだ。

そして、寺に行き「○○家」の墓を見つけ、馬鹿だの、死ねだの、そんな文句を墓石に書き殴ったそうだ。

そこまで話を聞いたおかんは、A子のことを軽蔑したそうだ。

故人の墓に行って、文字通り死者を冒涜(ぼうとく)するような行為に、おかんは吐き気がした。

A子自身はこのことを振り返り、

「子供だったとはいえ、とんでもないことをやらかしてしまった・・・」

と、言っていたらしいが、おかんは、

「ああ・・・・この子は、もう駄目だな・・・・」

と、思ったらしい。

そして、その後もA子の話は続いた。

一通り、(転校生の父親の)墓石に悪口を書いた後、それだけでは飽き足らずに、さらには墓に石を投げ始めた。

そのとき、転校生が泣きながら大人のような太い声で「やめて!」と入ってきた。

転校生は、

「私は、あなた達になにもした覚えはない。なんで、こんな仕打ちをするの?」

といった意味合いのことを、大声で叫んでいたらしい。

初めての反発に、イラついたA子達は転校生に掴みかかり、取っ組み合いの喧嘩になったそうだ。

相手に掴みかかられたA子は、勢いあまって、転校生を突き飛ばしてしまった。

転校生は、そのはずみで墓石に頭をぶつけ気を失った。

A子達は、「やばい!!」と思い、逃げようとしたのだが、転校生がムクッと起き上がったのだとか。

そして、起き上がった転校生は、一人一人を指を差すと、

「お前は、鉄で死ぬ・・・」

「お前は、火で死ぬ・・・・」

「お前は、水で死ぬ・・・・・」

と、言い放ち、そのまま帰ってしまった。

呆気にとられていたA子達は、言い知れぬ恐怖を感じたらしい。

それ以来、A子達仲良し3人組は転校生に対するイジメをやめ、あまりつるまなくなったそうだ。

高校受験で忙しかったのもあるが、一緒にいると何か良くないことが起こりそうな気もしていたのだ。

それから、数年後。

3人は、別々の高校へ進んでいた。

高校2年の夏、その3人のうちの1人が、突然半狂乱になり電話をしてきた。

なんでも、「鉄で死ぬ」と言われた子が、原付に乗っているときに、トラックに跳ねられて亡くなったらしいのだ。

「そんなのは偶然だ」

と、A子はタカを括っていたが、その数ヵ月後。

今度は、その電話をかけてきた友人(火で死ぬと言われていた)が、火事で焼け死んでしまったのだ。

A子は、だんだん怖くなり、高校3年になるころには、完全な引きこもり生活をしていた。

しかし、いつまでもそうしているわけにもいかず、渋々ながらも大学に入学したそうだ。

ここまで、話したA子は、また酒をじゃんじゃん頼み始めた。

おかんは、正直呆れ果てていた。

それに、それだけのことをしたのだから、報いがあって当然だと思っていた。

「水で死ぬ」

かどうかは、分からないが、この先何事もなく幸せな人生を歩むのは無理だろう、と・・・

しかし、A子は得意げに

「私は、お風呂も湯船に はつからないし、温泉にもいかない。海水浴も、プールにだって行かない。最近では、水族館とか、水があるところには行かないようにしてるから、水で死ぬなんてありえない。」

と、言っていたそうだ。

おかんは、それ以上深く言及しなかったらしい。

おかんからこの話を聞いた俺は、

「で、その後、A子はどうなったんだよ?」

と聞くと、オカンは一言。

「死んだ・・・」

と。。。。

なんでも、この話をおかんにした数ヵ月後のことだったのだとか。

死因は、肝硬変。

「若いのに。不安を紛らわすために、お酒を飲みすぎたんだね。お母さんにこの話したときは、もう顔も黄色かったし、消化器系の病気特有の臭いがしてたもん。ある意味、水で死んだのかね・・・・」

そう言うとおかんは、ウィスキーを飲み始めた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク