お札の貼ってあるアパートの怖い話 床を這う女

お札の貼ってあるアパートの怖い話 床を這う女

知人Aの体験した話。

Aは、神奈川県の高校を卒業した後、N県の大学に進学した。

2年次までは、大学の寮で生活していたのだが、3年次から独り暮らしを始めることにした。

ただ、親にお金の負担をかけるのは申し訳ないので、格安の物件を探すことにした。

築数十年の古い木造アパートを見つけ、そこでの生活を始めた。

でも、少しだけ気になるのは部屋の中の柱にお札が貼ってあるのだ。

といってもAは、心霊や迷信なんかは信じない。

深く考えることはなく、お札は剥がしてしまった。

彼は理工学部の大学生で、毎日のように研究は忙しく、アパートで過ごす時間もあまりなかった。

あるときのこと。

部屋で、女性のものと思われる長い髪の毛を発見した。

不思議に思いつつも、ごみ箱に捨てた。

別の日。

部屋で、長い髪の毛を見つけた。

部屋のどこかに隙間でもあるのだろうか、その隙間から入ってきているのかな。

そう思い、髪の毛はすぐに捨てた。

あるときの夕方。

床に寝転び、西日の当たる窓をボーっと見つめていると、ガラスに小さな手形がついているのを発見した。

その手形は、明らかに自分の物よりも小さい。

その部屋は2階だった。

誰かが外からつけるのはほぼ不可能と言っていい。

気にはなったものの、それほど気にすることはなく、その日はそのまま昼寝をしてしまった。

目覚めたころには、もう辺りは暗くなっていた。

体を動かそうとしたが、動かない。

金縛りだった。

なんだか、自分の足元から、

スーッ スーッ スーッ

と音が聞こえる気がする。

その音は、自分の顔に近づいてくる。

金縛り状態の中、目だけ動かしてみると、そこには白装束姿で髪が長い女が床を這っているのが見えた。

女は髪を振り乱していて、顔は見えない。

女の目だけが見えた。

今にも、飛び出しそうな目だった。

女はAの横を通過すると、部屋の隅まで行き、そのまま床を這っているようだった。

そのうち、だんだん体に力が戻ってきた。

ワアーァーー

っと、大声を上げながら部屋の電気をつけると、外に飛び出した。

近所に住む友達に助けを求めに行ったのだ。

友達に一晩泊めてもらい、次の日に不動産屋を問いただした。

でも、そういった「いわく」は聞いたことが無いという。

隠しているのかもしれないが・・・

そこで、近所の人に聞いてみることにした。

そして、分かった事実。

3~4年前、その部屋で一人の女性が恋愛絡みのもつれで首吊り自殺を図ったのだった。

Aは、それを知ってからすぐにアパートを解約。

別の場所に引っ越し、今は某電気メーカーで働いている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク