ストーカー女の怖い話 撮影

ストーカー女の怖い話 撮影

独り暮らしの大学生の男がいた。

男はごく普通にアパートに住んでいた。

でも、たまに妙なことが起きた。

大学から家に帰ってみると、カーテンの形だったりごみ箱の位置だったりが動いている気がするのだ。

最初は気のせいかと思っていた男だが、あまりに続くようだから気味が悪くなってきた。

あるとき、大学の友達に相談してみた。

「これってストーカーの仕業?警察に被害届け出したいけど、具体的な被害は今のところないからな。。。」

友達は答えた。

「じゃあさ。部屋にカメラ仕掛けて撮影すれば?で、もしストーカーが映っていれば住居不法侵入になるよ。したら、警察も動いてくれると思うけど。」

なるほど、良い案に思えた。

次の日、大学に出かける前に早速ビデオを仕掛けてから部屋を出た。

・・・・部屋に帰ってきてみると、なんだか違和感を感じる。

まずは、録画の停止ボタンを押して、再生してみる。

しばらくは何も映らなかった。

夕方になり、部屋の戸が開き、見たこともない知らない女が男の部屋に入ってきた。

手には包丁を持っている・・・・

さすがに恐怖を感じた男は、友達に電話を掛ける。

「ビデオにストーカーが映ってる!」

興奮気味に録画の内容を友達に実況中継した。

「ごみ箱漁ってる!」「なんか、服の匂い嗅いでるんだけど。」

こんな映像を目の当たりにして、背筋が凍るほど恐ろしく感じた。

でも、これでやっと警察に被害届を出せる。

そう思ったとき。

画面の中の女は、すっと押入れに入っていった。

すると、部屋に誰かが入ってくる。

部屋に入ってきたのは、自分だった。

ビデオの中の自分は、カメラに近づいてくると録画停止ボタンを押していた。

撮影はそこで終わっていた・・・・

ということは。

今、押し入れの中には・・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク