少しグロテスクな話 店で見かけた可愛い女の子

少しグロテスクな話 店で見かけた可愛い女の子

学生時代、俺は電車で通学をしてた。

時間があるときは、駅の近くの店で、軽食を取っていた。

で、あるときのこと。

その店の奥の席に、1人の可愛い子が座っているのが目に入った。

パリっとしたような襟の制服を着用していて、黒髪は胸のあたりまで、肌は白く、二重がくっきりとした目が印象的な子だった。

それからもよく彼女を見かけた。

彼女は、同じ店の同じ席にいつも決まった時間にいるようだった。

見たことがない銘柄のペットボトルのお茶を、いつも美味しそうに飲んでいた。

後にも先にも、あんなにお茶を美味しそうに飲む人を俺は見たことが無い。

そんなに美味しいお茶なのかと、そのお茶を少し探してみたがどこにも売っていなかった。

いつしか、俺はその子を見かけることが楽しみになっていた。

会話どころか挨拶すらもできなかったけれど。

ある日。

いつもと同じようにその店に行ってみると、その場所に彼女の姿はなかった。

その席には、彼女がいつも飲んでいる例のペットボトルが置いてあるだけだった。

トイレにでも行っているのかもしれない。

俺は、ダメだとは分かりつつ、席に近づくとペットボトルを手に持ってしまった。

ペットボトルの中では、なにかがウネウネと蠢(うごめ)いているように見えた。

なんだ?

よく見てみると、お茶の中には無数の糸ミミズやボウフラのような生き物がウネウネしていた。

よくわからない謎のなにかの欠片のようなものまで浮いている。

なんだこれ?

と、賞味期限を見てみると、「96.05.22」と記載されていた。

気色悪くなってしまい、ペットボトルを元あった場所に戻し、逃げるように振り向くと・・・目の前に彼女が立っていた。

凄い目でこちらを、睨みつけ

「見たわね」

彼女の口元をみると、何かがウネウネと動いていた。

俺は、店から走って逃げた。

それ以来、その店には行かなくなってしまった。

彼女にも会うことは無くなった。

今でも、彼女はあの店に通っているのだろうか・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク