中庭をうろつく 明治期の着物を着た女性

中庭をうろつく 明治期の着物を着た女性

これは、知り合いのお婆さんの体験談。

お婆さんの住んでいる家は、旧家。

家には中庭がある。

ある日のこと。

部屋から窓の外を見ると、中庭に着物を着ている女性が立っていた。

現代風の着物ではない。

昔ながらと言うべきか、明治のころに女性が日常的に着ていたような地味な着物だった。

女性は髪を、古めかしい結い方をしている。

その人(女性)は庭の中を少し歩くと、お婆さんのいる部屋の窓まで近づいてきた。

そして、中を覗き込み、部屋の中をじっと見ていた。

しばらくすると、その女性は不思議なことに音もなく消えてしまった。

話しで聞く分には恐くはないけれど、それを見ていたお婆さん本人はかなりの恐怖を覚えたという・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク