日常的な恐怖 無言電話

日常的な恐怖 無言電話

大学生の頃のこと。

当時、私は独り暮らしをしていました。

ある日、自宅の電話が鳴りました。

出てみると、相手側からは少し物音が聞こえるくらいで無言です。

イタズラだと思って切ってしまいました。

すると、10秒もしないうちにまた電話がかかってきます。

出てみると、またもや無言。

切ると、またすぐに電話が鳴りました。

このころ、就職活動中でしたので、電話に出ないわけにもいかず・・・

出てみる→やはり無言電話→すぐ切る

これを、永遠に3時間ほど繰り返したでしょうか?

突然、相手側が一言、喋ったのです。

「好きです・・・・」

この瞬間・・・今まで蓄積されていた怒りが、突然恐怖へと変わりました・・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク