本当にあったかまいたちの夜 ゲームの具現化

本当にあったかまいたちの夜 ゲームの具現化

もうずいぶん前のこと。

当時一人暮らしを始めた頃だった。

「かまいたちの夜」というホラーゲームが流行ってい、深夜に部屋で独りでプレイしていたときのこと。

ゲーム中の犯人が、ペンションを訪れるというシーンに差し掛かったときだった。

ゲームではなく、リアルで自宅のインターホンが鳴ったのだ。

正直、背筋が凍りつく。

時刻は、午前2時半を過ぎている。

人が訪ねてくるような時間帯ではない。

恐る恐る、玄関の覗きスコープを確認してみて、腰を抜かしてしまう。

なんと、うちの玄関の外には全身黒ずくめの男が立っていたのだ。

「かまいたちの夜」をプレイしたことある方は知っていかもしれないが、このストーリーの中の犯人は全身黒ずくめの姿なのだ。

ゲーム中では、主人公はその後に殺される。

当然だけど、応答はしなかった。

もしも、このときに扉を開けていたら、どうなってしまっていたのだろうか。

ちなみに、その黒ずくめの男は、10分ほどすると忽然と姿を消したのだった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク