背筋の凍るゴーストストーリー あの世への誘導

背筋の凍るゴーストストーリー あの世への誘導

少年は、ある日の深夜、喉が渇いた。

冷蔵庫の中に飲み物がなかったため、近所のコンビニへ向かうことにした。

少年の通う学校は、ちょうど自宅からコンビニの中間地点にあったため、途中の道で学校の前を通りかかった。

深夜の学校は、真っ暗で不気味な雰囲気だ。

真っ暗な校舎は、しーんと静まり返っている。

コンビニに到着し、ジュースを買う。

そして、帰り道で再び、学校の前を通ると、おかしなことに1つの教室に明かりが点いていた。

確かさっきは、真っ暗だったはず。

不思議に思った少年がじっと明かりのついた教室を眺めていると、教室の中から誰かがこっちに向かって手を振っているのが見えた。

よく見ると、それは少年の友人だった。

なにやってんだよ、あいつ?

他にも三人の友人が教室の中にいるのが、ここからでも分かった。

「おーい。お前もこっちに来いよー!」

友人が、少年に向かって大声を出した。

深夜の学校に忍び込むのは楽しそうだ、と思った少年は門を飛び越え、正面玄関から中に入ろうとした。

でも、鍵がかかっている。

他の入り口も確認してみたが、どこも戸締りしていて入れない。

しぶしぶ諦めることにした。

あいつら、どうやって入ったんだろう?

帰り際に、再び教室の窓を見てみると、中は真っ暗で人の気配がないように思えた。

あれ?

・・・・次の日、学校のそばの公園で4人の他殺死体が発見された。

その4人は、少年が昨日の深夜に学校で見かけた友人達の遺体だった。

もしかして、彼らはあのとき学校で殺されていたのではないだろうか?

少年は不安になり、昨日見たことを担任の先生に話した。

でも、担任は少年の説を否定した。

「それは、何かの間違いじゃないか?深夜の学校はな、警備システムが作動していて、校舎の中に入れないようになっているし、もしもは行った人間がいればすぐに分かるになっている。それにな、殺された生徒達は、昨日の夕方に殺されたとというのが有力らしいぞ。」

ということは、彼らはあの時点で生きていない。

あのときに、もしも誘いに乗っていたら、どうなっていたのだろうか・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク