怪談 いじめられっ子の亡霊

怪談 いじめられっ子の亡霊

何年ぶりに会うのだろう。

今日は小学校の同窓会。

二次会は、大きいマンションを持っている奴の家に、みんなで行った。

二次会も終わり、みんなが帰る流れになっていた。

エレベーターに乗るときに、人数が多かったから2回に分ける。

一度定員ギリギリまで乗ってみて、人数調整するというやり方。

残ったメンバーは、次ので下に向かうことに。

ちなみに、俺は後発のエレベータに乗ることに。

1回目のエレベーターの中から声がする。

「もう一人乗れるよ。」

声を出した奴の顔、誰だっけか?

覚えてるようで・・・覚えていないような・・・・

正直、こんな奴いたっけ?みたいな感じ。

「次ので行くよ。」

と、返事をしておいた。

残った連中は、出発していくエレベーターに手を振ったりしていた。

で、扉が閉まったその瞬間だった。

目の前のエレベーターが、落下したのだ。

・・・・・・乗ってた奴らは・・・全員死亡。。。。

後で分かったことだけど、「もう一人乗れるよ」と声をかけてきた奴は、いじめで自殺したはずの同級生だった。

落下して亡くなった奴らは、全員いじめの主犯格的ポジションにいた人物だった。

俺は、イジメに参加してはいたけど、どちらかというと見て見ぬふりをしていた人間だった。

きっと、最後に俺のことも乗せようとしたのは、イジメられてた奴の幽霊からすれば、見て見ぬふりした人間も同罪だったのかもしれない・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク