ラジオの電波から届く怪しいモノ

ラジオの電波から届く怪しいモノ

80年代前半の実話。

俺が小学生時代当時、親にラジオを買ってもらいそれで遊ぶことが好きだった。

いろいろと既存のラジオ番組を聞きまくり、だんだん飽きてきた。

いつしか、微弱電波の放送を聞き耳たてて聴くことがたのしくなっていた。

ある日のこと。

過去に一度も聞いたことがない国の言葉が流れているのを見つけた。

放送局の所在地情報なども聞き取れた。

当時の俺は、電波を受信すると、その放送局に「いつも楽しみに聞いてます」的なハガキを送って、「ベリカード」と呼ばれる視聴の確認カードを記念品として貰うことが趣味だった。

ということで、聞いたこともない国の言葉の放送局にもハガキを送ってみた。

すると、すぐにべリカードが送られてきた。

その後、数週間ほど経つと、今度はキレイな絵ハガキ、大勢の人が笑っている絵葉書やら、偉い人が写っているものやらが届いた。

それに対して、お礼の手紙を書いてみると、今度はうちに手紙が届いた。

内容はというと、

「一度放送局へ遊びにきませんか?」

との誘いのものであった。

しばらくすると、俺の自宅周辺には得体の知れない感じのスーツ姿のおじさん連中がうろつくようになってしまった。

このことは、通っていた学校でも問題になる。

近所の駄菓子屋のおばちゃんも

「あんたの家を、やけに覗いている人がいるから気をつけてな。」

と伝えてくれる。

それからまた、しばらく経つと俺の家にスーツ姿のおじさんがやって来た。

食事時になんだ?と、うちの親父とお袋が驚きながらも対応すると、うちに来たそのおじさんたちは公安 の人間だという。

某国絡みの案件を追ってる人だということだった。

某国から、やたらと手紙が届く家をマークしていたとのことであった。

もしもあのまま、放送局の誘いに乗っていたら今頃は・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク