後味悪くてグロい話 娘を殺された母の復讐

後味悪くてグロい話 娘を殺された母の復讐

注:読み終わった後の気分が良いものではないと思いますので、十分ご注意を。

ある霊能力者がいた。

霊能者は、なんらかの呪詛(しゅそ:神仏や悪霊の力を借りて呪うこと)の気配を感じた。

それは、ただ事じゃない力だったので、調査に乗り出した。

調査を進めていくと、ある神社にたどり着く。

境内で、見るからに病んでしまっていそうな女が「犬神」を作り出そうとしていた。(犬神とは、西日本に広く分布している犬霊の憑き物のこと)

犬神は、切断した犬の首を土の中に埋めて、その土を多くの人に踏ませてつくる。

病んでいる女は、この犬神で呪殺したい相手がいるのだという。

呪殺なんて良くないと、説得する霊能力者に、女は怒りかくすことなく事情を説明する。

女には、幼い娘がいて幸せに暮らしていた。

ある日のこと、娘は変質者にイタズラされて殺されてしまった。

逮捕された変質者には知能障害があり、裁判では法的な罰を免れてしまったのだという。

娘だけ無残に殺されて、その犯人はなんの御咎めがない。

この事実を受けて、女は気がふれてしまったのだった。

法が犯人を裁けないのならば、自ら引導を渡そう・・・・

こうして犬神は、強い憎悪の結晶化で素人の手でも強力に完成されようとしていた。

その犬神でなら犯人は殺せそうであった。

だが、人を殺すほどの呪いには反動も大きく、もしもこのまま実行すれば、仕掛けた女も無事では済まないだろう。

霊能力者は説得を試みるも、娘を惨い失い方をした彼女にはどんな言葉も届かなかった。

霊能者は苦肉の策として次のことを伝えることにした。

「あなたのそばにいる娘さんの霊は、今のあなたを見て悲しんでいますよ。」

と・・・・

霊能力者は続けた。

「あなたのそばには、娘さんの霊が漂っています。憎しみに取り憑かれている今のあなたを見て心配し続けています。娘さんの願いは、復讐なんかじゃありません。あなた自身が立ち直って、幸せにいきることです。」

と言い聞かせた。

憎しみの力は強くとも、もともと霊的なパワーを持たないその女には、娘の幽霊を見ることも、言葉を聞くことも叶わなかった。

だけれど、霊能力者の言葉を聞き、母は泣き崩た。

そして、娘が復讐を望まないのなら、無駄な報復をすべてやめることを決意する。

でも・・・・・

霊能力者は、大きな嘘をついていた。

女のそばにいた娘の霊が、母に強く請うていたのは、犯人への復仇(ふっきゅう:かたきを討つこと)だった。

娘は、犯人に与えられた地獄の苦しみを延々と語りながら、犯人にも同じ目にあわせてほしいと泣きながら訴えていたのだ。

霊能力者は真実を語ることなく、その場を立ち去って行ったのであった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク