かなり怖い話 異界への入り口と友人のミイラ化

かなり怖い話 異界への入り口と友人のミイラ化

中学2年のときの話です。

日曜日に仲の良い友人達と3人で、映画を観に行くことになりました。

友人達を、仮にAとBとしますね。

僕の住んでる町は小さくて映画館はありません。

映画を観に街に行くのは、田舎の中学生にとって、ワクワクするような大きなイベントでした。

前日、ウキウキしながら明日を待ちわびていると、Bから電話がありました。

「ごめん、明日バイオリンの稽古になっちゃった。ちょうどさ、映画が終わるころに稽古も終わるから、○○の駅(映画館のそば)の改札で待ち合わせしようよ。」

と言われました。

Bはおぼっちゃま育ちなので、バイオリンをやっていました。

3人で、行くはずの映画は急きょ2人になってしまいましたが、映画の後で3人で遊べるようなので、「ま、いっか」とその日は眠りにつきました。

翌日。

変更通り、僕とAの二人で映画を観に行きます。

映画を観終わって、二人で映画の感想を話しながら、駅に向かおうとしたのですが。。。。

Aが、「このビルの3階まで上れば、駅へ続く歩道橋があるよ」と教えてくれました。

その街はわりと大きいので、駅前からいろいろなデパート等へ続く歩道橋が、3階ほどの高さで広がっていたのです。

信号待ちが少ないのならと、僕たちは映画館の横にあるビルに入りました。

そのビルには、小さな雑貨店がたくさん入っていました。

階段を上って3階までつくと、店側に入っていけるような扉が見当たりません。

このフロアは倉庫のようなもので、客が入るところではないのかな?

僕は

「仕方ない。1階に戻って、普通に歩こうか。」

と言うと、 Aがそれに反対。

「いや、もっと上ってみよう。4階からお店側に入れるかもしれないから、したら別の階段から3階に降りればいいよ。」

4階に上ってみも、扉はありませんでした。

5階へも行きましたが、扉は見当たりません。

だんだん、僕達は意地になってしまい、扉探しゲームのような感覚でどんどん階段を上って行きました。

10階くらいまで、上ったでしょうか。

僕は、少し不可解ことに気がつきました。

外からビルを見たとき、10階より低いビルに思えたのです。

でも、Aは「もっと上へ行くぞ」となぜだかノリノリ。

僕達は、階段をさらに上りました。

20階くらいまで来たときには、さすが異常だと思いました。

階段も、デパートの綺麗なものではなく、古くさくてジメジメしたような不気味な雰囲気です。

ゾンビゲームのバイオハザードに出てくる、苔の生えた嫌な感じの階段のようなイメージだと思ってください。

この時点で、相当恐怖に襲われていた僕は、

「ねえ、引き返そう!ここ、絶対おかしいよ・・・・」

と伝えると、先を行くAは僕に背中を向けたまま、

「ハハハ、変だね・・・」

と言うのです。

ふざけてるように思えて、少しだけ気分を悪くした僕は、

「何笑ってんだよ?とにかく戻ろう!」

と、語気を強めて言いました。

するとAは、

「ハハハ、変だね・・・・」

と返事をするのです。

さすがに、ムッとしました。

でも、階段を上っていくAの後ろ姿が不可思議なことに気がついたのです。

姿形はAなのですが、なんだか動作が変のです。

人間が人形を手で動かしているような感覚と言いましょうか。

ぎこちない動きで、ぎくしゃくしているのです。

僕はあまりに怖くて、足がすくんでしまい、その場に立ち止まりました。

するとAも立ち止まり、クルッと私の方を向きます。

「ハハハハハハハハハ、変だね・・・・変だね・・・・・ハハハハハハハ・・・・・」

僕は叫び声をあげました。

動作だけじゃなくて、顔の表情も怪奇でぎこちないのです。

顔そのものも、白目が無く眼球すべてが黒眼。

まるで、宇宙人のグレイのような眼でした。

僕は叫びながら踵を返し、全速力で階段を駆け下ります。

途中、足がもつれて転びそうになりましたが、なりふり構わずに無我夢中で駆けました。

・・・・・・・気がつくと、雑居ビルの一階にある薬屋さんの前で息を切らしてしました。

ここまでどうやって走ったのか具体的な記憶はありません。

もう、パニック状態だったのです。

そのまま、駅の改札まで行くと、Bが待ってました。

Bは

「遅いー。映画が終わってから、1時間も経ってるぞ!」

と怒っています。

でも、Aがいないことに気がつくと、

「あれ?Aはどうした?」

と聞いてきます。

僕は、まだ恐怖の中にいて、今にもAが後ろからあの奇妙な動きで追ってくるように思えてしまい、建物の中に逃げ込むことにしました。

Bを連れて駅にあるファーストフード店に入り、先ほど起きたことをBに説明しました。

上手に話を整理できなかったので、何度も「え?それどういうこと?もう一度詳しく話して。」とBに言われます。

最初、全く信じてくれていないような態度のBでしたが、最後には真剣な顔つきになってきました。

実は、Bには少し霊感があって、その日の出来事が尋常ではないことを理解してくれたのでした。

Bは、

「とりあえず、そのビルに行ってみよう。」

と言うのですが、僕はあんなところ2度と行きたくありません。

「Aを、ほっとけないだろ!」

「・・・確かに、あのときのAは、何か悪霊のようなものに憑かれたのかもしれない。」

二人は、例のビルまで行きました。

さっきと同じように階段を上ってみると3階にはCD屋に続く扉がありました。

あれ?

4階に上ってみると、そこはゲームセンターでした。

階段は4階で終わり。

ここは、4階建てのビルだったのです。

もう、やりようがないのでその日は家に帰ることに。

もしかしたら明日になれば、Aはいつもと同じくに学校に来るかもしれないと思ったのです。

次の日。

登校してみると、Aは来ていませんでした

Bが、顔を青くしながら近づいてきて、今日変な夢を見たと言うのです。

その変な夢の内容は、Aが森の中を泣きながら裸足で歩いていて、「悔しい・・・悔しい・・・」と呟いている、のだというのです。

Bは、

「あれは、単なる夢じゃないような気がする。」

と続けました。

それから、数日経ってもAは帰ってきません。

Aの両親から捜索願いが出され、僕とBも警察に行き、いろいろ聞かれました。

でも、例の不思議な階段については言いませんでした。

1ヶ月後。

なんと、Aが発見されたのです。

でも、遺体となっての発見でした。

直接家族の方に聞いたわけではないのですが、 僕たちの住んでる町から100キロ以上離れている、隣県の山の中にある神社の境内の横で、干からびて死んでいたという話でした。

死後1ヶ月。

当時は、Aが亡くなったという不快な体験でしたが、日が経つにつれてこのことは忘れていきました。

それから、ずいぶん年月が経ち、この間Bに会ったときに、

「あれは、いったい何だったんだろう?」

という話になり、思い出した出来事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク